【あなたは大丈夫?】高血圧と合併症

『塩分のとりすぎは高血圧になる』

何となくの知識としては知っているけど…高血圧って何?なってしまうとどうなるの??
高血圧とその合併症について、わかりやすく解説します!

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも『血圧』って何?

  • 私達は『高血圧』『低血圧』という言葉をよく耳にしますが、実際のところ、『血圧』とは何を指すのでしょうか。わかりやすいイメージを使ってご紹介しましょう。

  • 「血圧」とは、心臓から送り出された血液が、血管の内壁を押す力(圧力)のことをいいます。例えば、水道のホースにたくさんの水を流すと、ホースが張りつめた状態になります。この時には、ホースには高い水圧がかかっています。また、ホースのどこかを押えつけて水が流れ難い状態にした時には、少ない水の量でもそこから後ろのホースは張りつめた状態になります。
    出典 :血圧って何?|血圧のおはなし|医療・健康(家庭用健康機器)|製品案内|A&D
  •  

    水が勢いよくホース内を流れる時、ホースはパンパンに張りつめていますね。この時、ホース内には高い圧力がかかっています。これと同じことが『血液』と『血管』にも言えるわけです。

    血液によって、血管がパンパンに張りつめている状態=高血圧 となります。

  • どこからが高血圧?

  • 皆さん病院や健康診断の場で、一度は血圧を測った経験があると思います。
    その時、数値を見てご自分が『高血圧』かどうか判断できましたか?
    以下で『高血圧』と分類される基準をご紹介します。

  • 日本高血圧学会では、
    収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。
    出典 :どこからが高血圧?|高血圧|生活習慣病オンライン
     

    お手元にご自身の健康診断結果などがあれば、是非チェックしてみてください。

  • 高血圧になると、どのような悪影響があるの?

  • 『高血圧がどのような状態をさすのか』『どこからが高血圧と分類されるのか』がわかりました。
    では、次は高血圧が引き起こす悪影響を学んでいきましょう。

  • 動脈は、その高い圧力に負けないようにと血管の壁を厚くします。高い圧力によって血液の成分が動脈の内壁に入りこんで、それにコレステロールなどが加わって動脈硬化を引き起こすのです。動脈硬化は全身の血管で起こり、血液の流れを悪くします。それにより、特に多くの血液を必要とする心臓や脳にダメージを起こしやすくなるのです。
    出典 :高血圧の恐ろしいリスクをご存知ですか?
     

    最終的に、大切な器官(心臓・脳)に血液が届きにくくなってしまうのですね。

    心臓や脳に血液が届きにくくなると、今度は合併症がでてきます。次は代表的な合併症についてご紹介します。

  • 1.高血圧によって引き起こされる『心臓の病気』…狭心症、心筋梗塞

  • 心臓には、酸素と栄養を運ぶ冠動脈がありますが、これが硬くなってしまうと血液の流れが悪くなることで、そこに血の塊ができやすくなり、血管が詰まって心臓の筋肉(心筋)が血液不足となり、引き起こされる病気が虚血性心臓病の狭心症や心筋梗塞です。
    出典 :高血圧の恐ろしいリスクをご存知ですか?
  • 2.高血圧によって引き起こされる『脳の病気』…脳卒中

  • 脳の動脈が硬くなると、心臓と同じように血液の塊ができやるくなり血管が詰まり脳梗塞を起こしてしまいます。細い血管がかたくなると大変もろくなってしまい、そこに高い圧力が掛ることで脳の血管が破れて出血を起こしてしまいます。これがあの脳出血なのです。
    出典 :高血圧の恐ろしいリスクをご存知ですか?
  • 脳梗塞や脳出血など、脳の血管に障害がおこり脳の働きに異常をきたす病気を総称して脳卒中と呼んでいます。
    出典 :高血圧の恐ろしいリスクをご存知ですか?
  •  

    日本では『心臓病』と『脳卒中』は癌についで2位、3位の死亡原因となる病気です。ご自身の命を守るために、高血圧にならないよううまく自分の身体と向き合っていく必要があります。

  • 高血圧にならないために!!しっかり予防しよう

  • 1.肥満を解消する
    2.寒さ(寒暖の差)に注意する
    3.ストレスを解消する
    4.規則正しい睡眠で休息をとる
    5.タバコを控える
    出典 :『高血圧』の原因と予防法を知ろう!生活習慣・食事の改善、そしてツボ! « メディカル業界での派遣のお仕事・求人ならパソナ | パソナメディカル
  • 高血圧を防ぐ食事は?

  • 1.血圧値を下げる食品
     ミネラルの含まれる海藻類…わかめ ※味を薄めにします。
     カリウムを含む食品…ほうれんそう・小松菜
    2.血圧値を下げる飲み物
      ココア・コーヒー ※糖類の摂取は肥満に繋がるので注意が必要です。
    出典 :『高血圧』の原因と予防法を知ろう!生活習慣・食事の改善、そしてツボ! « メディカル業界での派遣のお仕事・求人ならパソナ | パソナメディカル
  • いかがでしょうか?
    普段から高血圧にならないための生活習慣を身につけ、健康的な毎日を送りたいものですね!
    最近は薬局の受付等にも血圧計が置いてあります。無料で気軽に検査できますので、定期的にご自身の血圧を測るようにしましょう。