ストレス過剰状態によって引き起こる「脳疲労」について

脳疲労とは何か、その症状から原因、解消方法まで解説していきます。

view384

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳疲労とは?

  • ストレス過剰状態が長期間続くと、ついには適応できなくなって脳の働きが低下してきます。この状態を「脳疲労」と呼ぶことを提唱
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労とは
  • うつ、不眠、慢性疲労、過食……。これらは一言で表現すると「脳疲労」による症状ということができます。 「脳疲労」によってあなたの脳内プログラムは、五感異常(味覚鈍麻など)により過食、運動不足などの行動異常などを招くとともに、 情報(ストレス)に対する認識、理解が不十分になり、さらに情報処理能力(作業効率)も低下してきます。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労外来
  • 大脳は、脳の中の司令塔というべき存在ですが、それは大脳新皮質と大脳旧皮質(大脳辺縁系)の二つに区分されます。 前者は、言語や論理を理解するとか、芸術性を理解するなどの知的中枢で、後者は食欲や睡眠などの本能や心地よさ、怒りなどの情動の中心です。 といっても、前者(大脳新皮質)が高級で、後者(大脳旧皮質)が低級というわけでは決してありません。 いずれも最高次の精神機能で、いずれが欠けても人間らしい精神的活動ができません。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労とは
  •  

    一方、大脳の下方の位置には、間脳と呼ばれるところがあり自律神経中枢や食欲中枢があります。 つまり、意識しなくても心臓がキチンと適切なリズムで動くとか、適切にエネルギーをからだに入れるための食欲をコントロールしている脳です。

  • 人間をとり巻く環境は、「情報」または「情報源」といえます。 もし、「高度情報処理システム」の処理能力を上回る「情報」が脳に入ってくると、すなわち「情報過多」になると、この「高度情報処理システム」の機能は破綻してしまいます。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労とは
  • 脳疲労が溜まると?

  • 仕事や人間関係がスムーズではなくなり、うつ病や不安・パニック障害、ストレス性適応障害など、心の病に至ります。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労外来
  • 「脳疲労度」の自己診断11ヶ条

  • 脳疲労の解消方法

  • 脳疲労の解消方法については、様々な方法があります。

  • ・目から入ってくる情報をシャットダウンする

  • 目から入ってくる情報を遮断することで脳は疲労感をかなり減らすことができます。昼でも1分ほど目を閉じてアロマの香りや静かな音楽を楽しむと良いです。
    出典 :脳疲労 症状と解消方法
  • ・昼寝をする

  •  

    30分~60分程度昼寝をすることで脳がスッキリすることは実験でもわかっています。あまりにも長い睡眠だと夜の睡眠に影響が出ますので注意しましょう。

  • ・緑の植物の香りをかぐ

  • 昔から緑の植物にリラックス効果を感じている方は多いと思いますが、脳をリラックスさせる効果があるのは確かです。部屋に何個か観葉植物を置くのも良いです。
    出典 :脳疲労 症状と解消方法
  • ・自分を抑圧しているものを取り除く

  • 「こうしなければならない」などの理性は確かに必要です。しかし理性が本能を抑えこみ過ぎると脳疲労が蓄積されます。モラルの範疇を踏み外さない程度に少しずつ自分の本心を開放するようにしましょう。
    出典 :脳疲労 症状と解消方法
  • 脳疲労を解消すれば?

  • 脳疲労を解消すれば、人は自然と心と身体にいいことを自ら選択できるようになります。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労を解消すればやせられる
  • 例えばアルコールや煙草などの悪い支えによってストレス解消していた人が、脳疲労が軽くなるにつれ、 運動などの身体に良い支えの割合が増えていくという良い循環が始まるのです。 肥満や生活習慣病の原因をつくる「脳疲労」の解消法としてBOOCSは以下の2原理に基づいた3原則を提唱します。
    出典 :BOOCSクリニック福岡/脳疲労を解消すればやせられる