ベビ待ち〜産後におすすめな葉酸とは?

みなさん葉酸という栄養素を知っていますか?
葉酸はベビ待ちの方〜産後の方は必ず摂取した方が良い栄養素です。
なぜ葉酸が必要なのか詳しくご説明したいと思います。
また葉酸は食事から摂取した方が効果的なのか?つわり時でも安心して葉酸を摂取できる方法とは?

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ベビ待ち〜産後まで必要な葉酸って?

  • ほうれん草などに豊富に入っている葉酸

     

    葉酸は食生活でも摂取はできます。例えばほうれん草や、ひじき、海苔などに葉酸が入っています。

  • ベビ待ちの方は是非とも摂取してもらいたいのが葉酸です。
    葉酸の「葉」は緑を連想させます。
    それもそのはず、葉酸はほうれん草などに多く含まれる水溶性ビタミンB群の1種です。

    葉酸は代謝に深く関わっています。
    まず、葉酸が不足すると、たんぱく質のでき方が悪くなり、たんぱく質の新陳代謝がスムーズにいきません。

    さらに、現在では葉酸は遺伝情報物質のDNA,RNAを構成する「核酸」の合成に深く関わっていることもわかってきました。
    核酸とはベビ待ちのかたには是非覚えてもらいた言葉で、いわば命の源です。
    その合成の一役を買って、細胞の生産や再生を助け、体の発達を促す働きをしています。
    出典 :ベビ待ち
     

    葉酸はお母さんだけの健康だけではなく赤ちゃんのためにも葉酸が必要です。葉酸を摂取することで赤ちゃんの先天性異常の病気など予防することでができます。

  • そのため、細胞を新しく作られる場に葉酸はベビ待ちの間には必要不可欠の栄養素として、私たちが毎日の食事から取るべき必須栄養素の1つに挙げれらます。

    特に最近、葉酸はお腹の赤ちゃんの脳や、脊髄の発達に欠かすことができない必須栄養素として、葉酸が世界中で注目されています。


    ベビ待ちの間の赤ちゃんはお腹の中で日1日と新しい細胞を作られて成長していくため、元気な赤ちゃんを産むためには十分な量の葉酸をベビ待ちの間に葉酸を摂ることがとても重要です。
    出典 :ベビ待ち
  • 葉酸がなくなる赤ちゃんに影響する?

  • 無脳症

  • ベビ待ちの間に葉酸のもう一つの重要な働きは、ビタミンB12と一緒に赤血球を作ることです。
    体内を循環している血液中の赤血球はおおよそ4か月で新しい赤血球と入れ替わっていきますが、葉酸が欠乏すると、この代謝がうまくいかなくなり、巨赤芽球性貧血を引き起こし、赤ちゃんには無脳症や二分脊髄などといった重度の障害になってしまう可能性があります。



    ビタミン12は、葉酸の働きを側面から助けていますので、二つを一緒に取ると、より効果が発揮できます。
    出典 :ベビ待ち
  • 葉酸不足で赤ちゃんが無脳症・二分脊髄になる?

  • 葉酸が不足するとなぜ、無脳症・二分脊髄になるのでしょうか?
    それを詳しくご説明したいと思います

  • 無脳症は脳が欠損したり、発育が不全だったりするもので。その多くが死産か生まれてすぐに死亡してしまいます。
    二分脊髄は背骨に穴があき、中に収まっっているはずの脊髄が体表に飛び出してしまう先天性の疾患です。


    お母さんの胎内で、赤ちゃんの脊髄は背中のあたりからファスナーを上下に閉じ込めるようにできていますが、これが途中で止まってしまうと上端では無脳症に、また腰の部分では二分脊髄になります。

    二分脊髄をもって生まれてくる赤ちゃんは、出生後すぐに手術で体表に飛び出した脊髄を中に収めます。

    しかし、歩行や排尿・排便機能に障害が残ることもあります。

    日本では2倍以上に増加
    出典 :ベビ待ちTOWN
  • 葉酸は食事から摂取した方が良い?

  • 葉酸はサプリメントから摂取した方が良い。

     

    なぜ葉酸をサプリメントから摂取した方が良いかと言いますと、葉酸を水性ビタミンの1種なので熱に弱く、水に溶けやすく、長期保存ができません。また妊婦やベビ待ちさんは葉酸を400μg摂取しなくてはいけないので、ほうれん草を1日300g摂取しなくてはいけないですし、つわり時など匂いに敏感なので今まで嫌じゃなかった匂いなどがつわりの時だけダメになる場合があります。

    しかしサプリメントなら匂いも無臭なのでストレスなく摂取することができからです。

  • 葉酸は様々な効果がある?葉酸の効果とは?

  • 葉酸は産後の抜け毛にも効果がある

  • 出産を経験した人の中には、産後に髪の毛が抜けてしまうことがあります。
    主に産後2~3ヶ月ごろから発生し、「出産後脱毛症」と言われているものです。
    出産して体が衰えてしまったのかと心配しますが、これは女性ホルモンの影響によるものです。
    女性ホルモンには「エストロゲン」と「プゲステロン」の二つがあります。妊娠前はこの2種類の女性ホルモンが生理周期に沿ってバランスよく分泌されています。そして、妊娠するとプゲステロンの分泌量が増加し、出産前後が一番ピークになります。
    出典 :ベルタ育毛剤の口コミに騙されるな!口コミからわかる実感のない人・ある人の違いって?