どうにかして欲しい!ニキビケアの最前線教えます

赤くて痛いニキビ…もう顔に見つけてしまった時にはがっかりしてしまいますね。
一つ二つ出来るのであれば大したことはないのですが、段々と増えていったり炎症を起こして痛みや赤みがあったりするととても憂鬱になってしまいます。
そんな厄介なニキビケアの最前線を調べてみました。

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外と知らない!?ニキビの種類について

  • ニキビとひと口で言っても、実は症状によって色々なニキビがあることをご存知でしたでしょうか?
    あなたのニキビは何ニキビでしょうか?
    ニキビの種類をチェックしてみて下さい。

  • ★ニキビの色で状態が分かります★

     

    ぶつぶつ現れる厄介なニキビ。
    痛みを伴う物や痛くない物まで、その状態は様々です。

    実は、ニキビの色でその状態が分かるということをご存知でしたでしょうか?
    みなさん自分のニキビをチェックしてみましょう。

    《ニキビの種類》
    ①赤ニキビ…このニキビが一番厄介なニキビです。
    毛穴の内側で炎症を起こしてしまい、赤く腫れている状態です。
    この場合は出来るだけ患部に触れないようにすることが一番です。
    また、炎症が治まる前に潰してしまうと、跡が残る可能性が高いので注意が必要です。

    ②白ニキビ…毛穴の内側に皮脂が溜まって盛り上がっている状態です。
    毛穴は閉じている状態で、炎症もしていないのでケアが簡単なニキビになります。

    ③黒ニキビ…白ニキビと同様、炎症を起こしていないニキビです。
    しかし毛穴が開いてしまっているため、表面の皮脂が酸化して黒ずんでしまった状態です。


    このようにニキビには状態に合わせて「赤・白・黒」の色があることが分かりました。

  • ニキビは潰してOK!?潰してもよいタイミングとは?

  • よく、ニキビは潰すと跡が残るから潰さない方が良い…そんな話を聞きますね。
    でもどうしても気になって潰したくなりませんか?

    私も我慢できない方なので潰してしまう派ですが、実際のところ良いのでしょうか悪いのでしょうか?

  • ★タイミングを見て正しい潰し方をしましょう★

     

    実はニキビは潰しても大丈夫なのだそうです。
    しかし、そのタイミングや方法を誤ると悪化させてしまったり、跡が残ってしまったりする原因になりますので注意が必要です。

    《潰してもよいニキビの見分け方》
    ・ニキビが出来たての状態で、痛みや赤みがある時には絶対に潰してはいけません。
    悪化させてしまう可能性があります。
    洗顔の際も撫でるように、患部にはなるべく触れないようにしましょう。

    ・ニキビの中心に白く膿が出てきた状態が潰してもよいタイミングです。
    ばい菌との闘いが終わったサインですので、正しい方法であれば潰して大丈夫です。


    《ニキビの正しい潰し方》
    ①針を使って表面に少し穴を開けます。
    この時、針は必ず消毒液などで拭いてから使うようにして下さい。
    また、膿の出口を作るだけなので決して大きく深く開ける必要はありません。

    ②爪を立てるのは厳禁です。
    指の腹を使って押し出すようにしましょう。

    ③膿を完全に出し切るのは危険です。
    まだ細菌が溜まっている部分が根元にある可能性が高いので、半分くらいの高さまで絞れば十分です。

    ④表面を消毒をして、炎症を抑える薬を塗れば完了です。

  • 自力では綺麗にならない場合は…

  • ポツポツと数えられるくらいのニキビであれば、自分でもケアは出来るでしょう。
    しかし、たくさん広範囲に出来てしまったら専門家に任せるのも良いでしょう。

    最先端のニキビ治療で早く良くなりますように。

  • ★ニキビ治療の最前線★

     

    ニキビ治療はここまで進んでいます。
    悩みを解消して自身が持てるように、一度相談してみてはいかがでしょうか。

    《ニキビ最新治療》
    ・青色LEDダイオード療法…ニキビの元となるアクネ菌を殺菌し、炎症を抑える効果があります。
    また、毛穴を引き締めて余分な皮脂を抑えたり、肌の再生を促したりする効果もあります。

    ・ニキビ注射…患部に直接治療薬を注入する方法です。
    炎症を抑え、ニキビ跡防止の効果があります。
    広範囲のニキビや繰り返すニキビには使えず、ピンポイントの治療になります。

    ・ピーリング・イオン導入…男性ホルモンを抑える薬を配合した美容液を使って、微弱電流を流したローラーを使い、お肌の真皮層まで浸透させる方法。
    肌質の改善を行うことにより、ニキビの治療にも効果があります。

  • 今は様々な方法でニキビケアをすることが可能です。
    自分に合った方法を見つけて、早く治したいですね。