高プロラクチン血症の治療(大きく分けて3パターンの治療方法)

一般的な治療方法「薬剤」。その他、手術が必要な場合。放射線を利用する事も。

  • S 更新日:2014/10/05

view44

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一般的な治療方法は、「薬剤治療」です。

  • 基本的には「プロラクチンの分泌を抑える薬」がメインの治療法となります。
    ほとんどがこの投薬による治療法で収まりますが、脳下垂体の腫瘍によるプロラクチンの異常分泌だった場合で、腫瘍が大きい場合は手術による治療が必要となる可能性があります。
    出典 :排卵障害の原因-2「高プロラクチン血症」とその治療法 | 不妊治療ガイド.jp
  • 治療法としては、薬を飲むことによって、プロラクチンの分泌を抑える場合が、ほとんどです。
    大きな腫瘍がある場合には、外科的な手術が行われるケースもあります。
    出典 :不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?
  • 画像検査で明らかな異常がない場合は、薬による治療を行います。潜在性高プロラクチン血症に対しては、不妊症や流産を繰り返す場合、薬による治療が必要になります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-高プロラクチン血症
  • 薬治療。

     

    薬を使った方法は、最も手軽で続けやすいこともあり、他の方法よりは安心感があります。

  • おもにブロモクリプチンなどの薬を使用します。この薬の特徴は、プロラクチンを抑えるだけでなく、腫瘍を小さくする働きがあります。ただ、腫瘍を消し去ることは出来ないので、薬の服用をやめるとプロラクチン濃度が戻る場合があります。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症
     

    以下に続きます。

  • また、薬を服用していると腫瘍は小さくなりますが、服用期間が長期に及ぶと腫瘍が硬くなる性質 (線維化) が起こる場合があります。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症
     

    上記の続きです。

  • ↓妊娠希望者は尚更、薬での治療は不可欠!↓

  • 妊娠の希望があったり、流産を繰り返す場合は使用しているお薬が中止可能なものなら、そのお薬を中止します。中止不可能なら、使用しているお薬を他のものに代えます。それも不可能な場合は、ドパミン製剤を使用することがあります(あまり理にかなった方法ではありません)。特に妊娠の希望がなければ治療の必要はありません。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-高プロラクチン血症
  • 患者さんの状態によっては、外科的手術による治療が必要なケースもあります。

  • 外科手術によって腫瘍を除去する治療法です。腫瘍が薬に耐性を持っていて、薬物療法の効果が低い場合には、この手術療法が有効となります。もし、手術で完治できなくても、その後の薬物療法での薬量を減らすことができます。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症
  •  

    事前に医師からは、図のような詳細を教えてもらえますが、ご自身でも先に勉強しておくと良いでしょう。
    話もスムーズになるだけでなく、相互の気持ちが整理しやすくなります。

  • 脳の下にくっついている下垂体という場所から本来プロラクチンが作られ分泌されますが、その下垂体に腫瘍(腺腫)ができて、そこからプロラクチンがたくさん分泌される病気です。女性では小さい腫瘍が多く、画像検査ではわからないことも少なくありません。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-高プロラクチン血症
     

    以下に続きます。

  • 大きな腫瘍になると視野が狭くなったり視力が低下したりします。大きいものは手術、小さいものは薬による治療を行います。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-高プロラクチン血症
     

    上記の続きです。

  • 放射線を利用した治療方法もあります。

  • 腫瘍に放射線をあてて小さくする治療法です。この治療法の特徴は、治療を行う期間が短いという利点があります。ただ、放射線による治療では、その治療効果が出るまでに時間がかかるという難点もあります。
    出典 :高プロラクチン血症と不妊症