医療の最大の敵…癌は防げるのか? カンタンにできる予防法を一挙公開

癌は食品から予防できる!? 人間ならば誰でも恐怖する癌の予防法を紹介します。人生をより有意義に、そして健康に生きるためにも、すべて試してみてください。

  • inoue 更新日:2013/08/14

view473

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 癌ってなんだ?~まずは基礎を確認しよう

  • 人間なら、誰でもかかる可能性があります。犬や猫にも癌はあります。戦う術を考えていきましょう。

  • 悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍、良性腫瘍と悪性腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、また転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる[1][2]。
    一般に癌(ガン、がん、英: cancer、独: Krebs)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、英: malignant neoplasm)とも呼ばれる。
    「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。
    出典 :悪性腫瘍 - Wikipedia
     

    まずは癌が何かを確認してください!

  • 癌細胞の特徴

    ①寿命がない:不死化=癌の細胞はテロメラーゼで染色体の端にあるテロメアと呼ばれる部分を伸ばしてしまいます。テロメアは、ふつう細胞分裂を繰り返すたびに短くなって、ついには分裂が出来なくなってしまうもので命のローソクのような物ですが、癌細胞ではこれがどんどん延びるので死 なくなってしまうのです。
    ②転移する:もとの組織から離れて、リンパ管や血管を伝わり飛び火します。これが癌が治しにくい原因の一つです。
    ③周囲の組織に浸潤する。:直接まわりの組織に染み込むように広がって行きます。ですから手術の時には、癌そのものだけではなく、周りの組織も安全域を見込んで切り取ります。
    出典 :癌と癌予防
     

    これが癌の恐怖です。治療は困難ですが、不可能ではありません。でも、ならないのが一番です。

  • 今日…自分が癌になる夢みた。怖い
     

    夢にも見る癌の恐怖…どうにかして避けられないものでしょうか?

  • 癌って怖いよね、恐ろしい。
     

    その通り。誰もが癌だけは避けたいと思っているはずです。

  • 毎日の生活から癌を予防する

  •  

    病院のお世話にならなくても済むように、日々の生活から癌をしりぞけていきましょう。毎日続けることで、他の病を防ぐことにも繋がるはずです。

  • 毎日変化のある食生活を

     好きだからといって毎日同じものばかり食べていると、発ガンの原因になってしまいます。例えば、ハム、ソセージ、ベーコン、たらこなどは、強力な発ガン物質であるニトロソアミンの増加をうながす効果があるので、毎日は食べない方が良いでしょう。にんじん、トマト、ほうれん草などの有色野菜に含まれるビタミンCがニトロソアミンを抑制する効果があるのでそれらと一緒に食べましょう。

     毎日変化のある食事をすることは、ガンになる危険を分散するという意味でも大切なことだと思います。
    出典 :ガン予防12カ条
     

    バランスの取れた食生活。これは基本ですが、守れていない人もたくさんいます。

  • こげた部分は避ける

     魚や肉などの焼きこげの中には、数種類の発がん物質が発見されています。この発がん物質は調理時間が長ければ長い程、多く発生するものなのでこげ過ぎには注意しましょう。

     適度に焦げ目があった方が美味しいものは、野菜と一緒に食べると良いでしょう。
    出典 :ガン予防12カ条
     

    魚のこげ、食べちゃダメです。おいしい部分だけ、おいしくいただきましょう。

  • 肉類は1日に80グラム以下にする。
    肉よりは魚のほうがましである。豆など植物性食品のみの方が、ガン予防上最善である。

    肉食の多い人に、大腸ガン・膵臓ガン・乳ガンなどの、西洋型のガンが多いことが知られています。日本でも、これらのガンが増えており、食生活の洋風化が原因と考えられています。以前の日本人平均肉摂取量は、82.3グラムであり、これ以上増やすべきではありません。肉より魚を食べる方が危険は減りますが、魚・卵・牛乳などいっさいの動物性食品をとらない方が、ガンの危険は最小限になります。
    出典 :ガン10カ条│生活習慣病予防サイト
     

    お肉の食べすぎも癌のもと…そう考えると、なんだか食事がまずくなりそうではありますが、重要です。

  •  

    お肉も魚も食べすぎ注意! 野菜を取って生活するのがベストです。

  • 今、代替医療の中で盛んに行われている物のひとつが、フコイダン療法です。がん細胞をアポトーシス(自然消滅)に追い込む、従来とは異なる最新の理論が特徴。また、抗がん剤や放射線の副作用を抑える働きも強く、この抑える働きを期待してフコイダンを使用している人も多い。

    がん患者は、時間的余裕がないため、抗がん剤中や代替療法中でも違う方法も試してみたいという気持ちから、フコイダン療法を併用している人が多い。免疫療法とも、免疫力向上とアポトーシスの相乗作用を期待して併用している例も多数。現時点で大きな副作用報告はなし。
    出典 :フコイダンのがん治療|効能効果・副作用・資料送付
     

    フコイダン療法というものもあるそうです。

  •  

    フコイダンはサプリメントでも摂取できます。ぜひお試しを!

  • タバコを吸わない。
    タバコの煙には、多数の発ガン物質が含まれています。また、タバコはガンの促進因子でもあります。いうまでもなく、日本は世界有数の喫煙大国であり、そのために、特に男性の肺ガンが激増しています。問題は受動喫煙です。タバコの副流煙(タバコの先から空中に漂う煙)の方が発ガン物質が多く、そばの人をガンに引き込みます。ある報告では、男性が喫煙している場合、その妻は2倍肺ガンになります。
    出典 :ガン10カ条│生活習慣病予防サイト
     

    癌になりたくなければ吸うな! これは基本です。煙草のパッケージにもデカデカと書かれていますよね。

  •  

    煙草は命を縮めるだけ。常識です。

  • ストレスをためないようなライフスタイルを実行する。
    持続的なストレスは、免疫力を弱め、ついにはガンをもたらす危険があります。まず、ストレスがたまらないように、うまくリラックスする習慣をつけ ましょう。日頃忙しくても、週末には必ず仕事から離れのんびり好きなこ とをして過ごしたいものです。ギャンブルなどでなく、スポーツなど健康的 なリラックス法を見つけましょう。

    また人の生き方がガンの発生に関与しているというデータもあります。生きがいを仕事や子供など、自分の外に求めるのではなく、自分の趣味、ボラン ティア活動など、自分の内に求める生き方が、免疫力を安定させ、ガンを防ぐのによいようです。
    出典 :ガン10カ条│生活習慣病予防サイト
     

    ストレスから癌が生まれる場合も!? 適度なリフレッシュは必要です。