ノロウイルスと聞いて生牡蠣をひかえめに

あっい夏も、さむーい冬も、ウイルスは、我々人間のそばで見え隠れしては、おいしそうな食品や
動物や人間の体内で媒介して、悪さを繰り返します。
吐き気下痢,くだる、熱、と だんだん体力くを奪いつくす病です。
肝臓では解毒できなかった菌が、全身を支配しないためにも、早く抗体をみつけ、
食いつくしてほしい。

view361

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生で食べずに火を通してから食することがおすすめ。
    おいしいものは、生でなくても素材のよさがあるもの、
    そのお店の良さは、新鮮でありながら調理してあると言う魅力
    味を引き出すプロの腕は料理長にあり・・・・

  • 生魚には最新の注意を払う築地市場・・・・・

     

    なまをあつかう。マグロは水揚げするとすぐに池締めをして。そして瞬間冷凍、
    ぎんぎんにカチカチのまま、おすしやさんや、旅館経営者が買い付けに来ます・
    大手のスーパーは契約してあればドライバーがまぐろ以外の魚まで注文に応じて
    運んでゆきます。これほど気を使い生魚を扱っているのにどうして・・・・・

  • 日本人ならお寿司でしょ。

     

    外人さんたち観光者さん、含めて今おすしが大ブ-ムです。
    日本にきたらおすしがたべたい・・・・そんな外人さんいっぱいいます。
    生魚ならではのよさが外人さんに伝わり日本なら新鮮なお魚が食べられ
    リッチな気分を味わえる・そんな思いで日本に上陸してきます。
    ただし(さば)は足の速い魚なので、その日に使うこと、あまりスデでさわらない。
    これが、時間差で裁かなければならないお魚の特長といえます。
    生牡蠣はやはり火を通すこともオススメです。
    牡蠣の中は顕微鏡で見ないと発見できない物があるのですから・・・・

  • モスクワで懐石料理を披露 京都の若手料理人ら(試食会編) - YouTube

     

     料理は世界へと飛び立つ
    こんにち、日本にとどまらずモスクワでの挑戦・・・・・
    料理の世界は、一生が勉強と言います。世界の舌を満足させること・これが議題。
    懐石料理は日本の伝統芸術。モスクワを満足させる・それが日本料理人。