結核って昔の病気だと思っているあなた!間違え?かも?

結核って昔の病気だと思っていませんか?近年増加している結核。万が一感染したら・・・
そんな結核について調べてみました。

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今も流行っている?

  • 昔は大変はやっていて、昭和25年まで日本の死亡原因の第1位でした。適切な治療法が開発されてからは、患者数は一時期を除いて減少しています。
     しかし、今でも年間2万3,000人以上の新しい患者が発生し、年間で2,000人以上の人が命を落としている日本の重大な感染症なのです(厚生労働省:平成18年度結核発生動向調査)。  さらに世界に目をむけると、毎年実に165万人もの人が結核で亡くなっています ( Global Tubercurosis Control, WHO Roport 2008)。
    出典 :結核について 結核Q&A 公益財団法人結核予防会
     

    まだまだ、発症し2000人以上の方が亡くなっているんですね。

  • 予防接種していても感染する?

  • 乳児期に接種されるBCGワクチンの効果は、接種後十-十五年しか持たないとされていて、成人での予防効果は高くありません。従って、過去にBCGを接種している人でも結核を発病します。
    出典 :成人の結核 - 徳島新聞社
  •  

    怖いですね

  • 症状

  • 結核(ケッカク)の初期的な症状は、37~37.5℃程度の微熱が出たり、咳(セキ)や痰(タン)が出ます。咳(セキ)や痰(タン)は、気管支に起こる炎症によるものです。また、炎症があると、それに伴って生じる毒性物質の影響で発熱します。
     結核(ケッカク)の初期的な症状は、風邪(カゼ)との鑑別が難しいのですが、風邪(カゼ)なら、1週間もすれば症状が消えます。それに対し、結核(ケッカク)ではいつまでも症状が続きます。症状が2週間以上継続するようであれば、風邪(カゼ)以外の病気を疑うべきです。
    出典 :肺結核の症状 - 咳・痰の病気(肺結核) - 咳痰.COM
     

    風邪と間違いやすいので気をつけてください。

  • 結核の感染を調べる検査 

  • ツベルクリン反応は、結核菌感染の有無を知る一つの検査法です。ただし、結核菌に感染したか、類似の非結核性抗酸菌に感染したか、BCG接種の影響であるかの区別は、ツベルクリン反応だけでは判断できません。より精度の高い検査にクオンティフェロン®TB-G(QFT)検査があり、平成18年1月1日から保険適用されています。
    出典 :結核について 一般の皆様へ もしかして結核?! | 公益財団法人結核予防会
  • あれっと?思ったら??

     

    2週間以上せきが続いたら

    きちんと受診、検査しましょう。

  • どのように感染する?

  • 結核菌は、人が「咳」をすることで空気中に撒き散らされ、空中でふわふわ浮いているのを他の人が吸い込むことによって感染します ( 空気感染 ( くうきかんせん ) 、 飛沫核感染 ( ひまつかくかんせん ) )。手を握る、同じ食器を使う、などで感染することはありません。
    出典 :どのように感染するの?|大塚製薬
     

    うがい、手洗いは基本わすれず。

  • 治療

  • 排菌の有無や体調に合わせて、入院または通院で治療します。治療の中心は抗結核薬を6ヶ月以上服薬することです。入院した場合、排菌状態を適宜確認し、概ね1〜2ヶ月で退院します。排菌がある場合も、一般的に薬を飲み始めて約2週間で人への感染性はほぼなくなります。

     【治療のポイント】

     抗結核薬は結核菌が主に分裂する時に殺菌効果を示します。大腸菌など多くの菌が20分〜60分程度で分裂するのに比べ、結核菌は10時間以上かけてゆっくり分裂することから、排菌の有無に関わらず、症状が消えた後も長期間の服薬が必要です。
    出典 :東京都感染症情報センター » 結核 Tuberculosis
     

    薬は最後まできちんと飲みましょう。

  • 予防

  • 免疫力が低下しないように規則正しい生活を心がけましょう。また、栄養バランスのよい食事と十分な睡眠、適度な運動などが大切となります。
     なお、結核菌は紫外線に弱く、体外に排出された菌は日光に当たると数時間で死滅します。
    健康診断の実施や医療機関への受診、BCGの接種
    出典 :結核について 結核Q&A 公益財団法人結核予防会
     

    予防をしっかりしましょう。