ホルモンは興奮するだけのものではない?身長を伸ばすために必要なホルモンの作り方とは?

成長ホルモンをうまくコントロールできれば、170・180を超える高身長も夢ではありません!日常生活をうまくコントロールして、憧れの背丈を手に入れましょう!

view410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 背が低いことにコンプレックスを感じてはいませんか?

  •  

    背が低いことでバカにされた経験、あるはずですよ。

  • 実は、ホルモンのひとつである成長ホルモンをうまく扱うことによって、背を伸ばせる可能性があります!

  •  

    ホルモンと聞いて、肉を思い浮かべないように(苦笑)。

  • 思春期の性徴ホルモンや成長ホルモンなどが、成長期の身長の伸びを左右しています。身長の伸びは、第2次性徴によって大きな波を形成するためです。 脳下垂体から分泌されている成長ホルモンが、直接、骨を伸ばすわけではありません。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    中学生くらいの時期のホルモンが、身長に大きく関与してくるみたいです。

  • 血液によって肝臓まで運ばれた性徴ホルモンや成長ホルモンは、 肝臓に(ある重要な物質)をつくるよう働きかけます。この重要な物質はIGF-1(ソマトメジンC)といって、骨を伸ばすために働く成長ホルモンです。IGF-1(ソマトメジンC)が血中に送り込まれることで、骨端部位にある感受体は、速やかにIGF-1を感知します。この時、軟骨組織は反応し、軟骨組織の増殖活動が活性化するのです。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    このホルモンが、骨をスムーズに成長させてくれるみたいですね。

  • 血液によって肝臓まで運ばれた性徴ホルモンや成長ホルモンは、 肝臓に(ある重要な物質)をつくるよう働きかけます。この重要な物質はIGF-1(ソマトメジンC)といって、骨を伸ばすために働く成長ホルモンです。IGF-1(ソマトメジンC)が血中に送り込まれることで、骨端部位にある感受体は、速やかにIGF-1を感知します。この時、軟骨組織は反応し、軟骨組織の増殖活動が活性化するのです。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    このホルモンが、骨をスムーズに成長させてくれるみたいですね。

  • この、軟骨細胞の増殖活動が、成長期に順調に行われているかは、レントゲンによる骨端線の検査で確認することができます。つまり、骨端線がある間であれば、骨の長さが伸びて身長が伸びるのです。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    軟骨細胞を活性化させることで、骨の伸びが活発化するみたいです。

  • もちろん個人差はありますが、ある程度の身長は伸ばすことが可能になるでしょう。

  • 欧州の子供たちは、日本の子供たちよりも、約半年から1年くらい成長期に入るのが遅いため、最終身長は高くなりやすいのです。その理由は、成長期を、平均で1年から半年程度、長く続けられるからです。
    彼らのように身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌を促進して、成長期を少しでも長く持続すればよいわけです。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    つまり、ホルモンを分泌し続けられれる環境を維持できればいいわけです。言うだけなら簡単なのですが。

  •  

    白人の子どもって、なんとなく大きなイメージがありますよね?外人コンプレックスか?

  • 寝る子は育つといいますが、深く熟睡できているときに成長ホルモンは分泌されやすくなるみたいです。

  • 身長を伸ばす上でいちばん大事なのはタイミング

    成長ホルモンは就寝後2~3時間後や、運動後、食事の数時間後などに 分泌されるので、昼間によく運動し、効率的に必要な栄養素を食事で摂取して、なるべく長時間、熟睡することで、身長を大きく伸ばす確率が高まります。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    いつまでも夜更かししていたら、背は伸びませんよ。

  • 寝るどのくらい前の時間に食事をし、運動したかで、成長ホルモンの分泌量が変わってきます。

  • タイムスケジュール的に言うと、就寝の3時間前に夕食を取り、軽いストレッチやマッサージで血行を良好にして、長時間、熟睡すると、成長ホルモンの分泌のタイミングがほぼ同時となり、血液中にも十分な栄養素が行き渡っていることになります。
    出典 :身長と成長ホルモン
     

    効果的に睡眠をとることがとても大切ですね。