単調なやり方ではダメ?小顔になるための頬骨マッサージ

小顔になりたい人は頬骨マッサージがおすすめです。実は頬骨を刺激して、正しい位置にくると自然と小顔になれるんです。マッサージのポイントは単調にならないことです。

view98

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 小顔と頬骨の関係

  • 昔の舞台役者さんは顔大きいことが良いと言われていました。舞台上でできるだけ、多くの人に顔の表情を見てもらえるからです。しかし、テレビの時代となった今、もてはやされるのは大きい顔の人ではなく、男女問わず顔の小さい人です。
    そして、今、誰もが憧れる小顔。その小顔になりたいと思って、鏡の前で輪郭辺りを触る人も多いのではないでしょうか。もう少しここの肉が、、と思いながら顔の肉を後ろに引っ張ってみてイメージトレーニングをしている人もいるかも知れませんね。ちなみに私はやっています。そして鏡の前ではシャープななった自分の顔をみて日々のダイエットに励むのです。
    そのような長期的な野望も大事ですが、瞬間的になんとかしたい時もあります。例えば、写真などを取るときに、さりげなーく、手や髪の毛で輪郭を隠すという行為です。そうするとにわかに小顔の仕上がりになります。しかし、それはまやかしであることは本人が一番わかっています。どんなに写真写りで小顔になれる研究をしても、実際の顔が大きいという悲しい現実は変わりません。

  • 骨格は意外と変わる!

     

    骨格は、硬い骨なので、ほとんど変わらないと思っている方も多いですが、その骨の位置を決めているのは筋肉です。筋肉がずっと硬いままでいると、骨の位置も変わって変形してしまうのです。それほど、筋肉は骨の位置を変えるものなのです。

  • 多くの人は顔の大きさは骨格で決まっているのだから、今後大して変わらないと思っているかも知れません。しかし、それは間違いです。骨というのは思っている以上に柔軟に動くものなのです。とくに顔は表情筋というたくさんの小さな筋肉が集まっているので、うまく刺激してあげれば小顔になることも夢ではありません。そのときに、もっとも刺激して欲しいのが頬骨だと言われています。この骨が正しい位置にくることで、ほとんどの人は小顔になれるのです。

  • セルフ小顔矯正 ~頬骨編~

     

    振骨小顔センターの方が教えてくれる、自分でできる小顔のコツです。この動画でどこを集中的にマッサージすればよいのか、よくわかります。

  • 頬骨マッサージのコツとポイント

  • マッサージの基本は「手」

  • 頬骨マッサージに限らず、マッサージの基本は「手」で行うことです。手を使うマッサージは、どこにいても手軽にできるところが良いところです。また、手軽に行える割に効果的でもあるのです。例えば、朝晩のベッドの中や入浴中など、生活の中でもリラックスできるタイミングで行うとさらに効果が期待できます。

  • マッサージ器を使うのもOK!

  • テレビや雑誌を見ながらマッサージ器を使って顔マッサージをする人もいると思います。このようなながらマッサージも気が付けけば30分以上できるた!ということで効果を実感できるまで飽きずに続けることができます。

  • マッサージは単調にならないように

  • マッサージのポイントは同じところばかりを刺激しないこと

     

    マッサージで高い効果を得たいと思うなら、単調な刺激を繰り返すのではなく、手やマッサージ器をつかっていろいろな刺激を肌に与えましょう。もちろん、ときにはエステにいって他の人の手でマッサージしてもらうのも◎

  • さきほども言いましたが、顔はたくさんの小さな筋肉があります。効果的なマッサージを目指すなら、単調にならないようにすることです。手とマッサージ器の併用も良いですし、同じところばかりを刺激しないということも大事です。大切なところは集中的に、でも他のところもしっかりとほぐすことがマッサージの効果を最大限に得るコツです。