パニック障害について詳しく知りましょう。

見た目にはわかりづらいですが、意外にパニック障害に苦しんでいる人は周囲にいます。芸能人の中にも多いです。この病について、もっと認識を深めるべきです。

view290

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな病気?

  • こころの病気なので、なかなか判断が難しいところです。

  • パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。
     この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。
     初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。
     パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
  • 症状

  • パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作です。
     パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。
     これは、「予期不安」といわれます。
     予期不安は、逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」といわれます。
     「パニック発作」と「予期不安」、「広場恐怖」はパニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状であり、この3つの症状は、悪循環となってパニック障害をさらに悪化させます。パニック障害が悪化すると、人前に出るのを嫌って閉じこもるようになり、正常な社会生活が維持できなくなります。さらに悪化すると、うつ病を併発することもあります
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
  • 原因

  • はっきり確定していない点も多くあります

  • パニック障害の患者さんの多くがパニック障害とは別に多くの症状を抱えて悩んでいます。主に肩凝り、頭痛、眩暈、耳鳴りなど多くは頭部に位置する器官に症状が集中をしています。これには理由があり頭部への血流が悪くなっていることが原因ではないかと思っています。

    頭部に血液の流れが悪くなっている事で一番ダメージを受けるのは脳への血流です。脳への血流が悪くなることによりパニック障害やうつ病、自律神経失調症というさまざまな症状を引き起こすと考えられます。これらの精神疾患名の違いは脳の血流障害の部位に違いがあるようです。

    うつ病などは特に前頭葉の血流障害が指摘されていることはご存じの方もいらっしゃるのではないかと思います。脳へ必要とされる栄養が行き届かなくなり脳の機能が十分に作用せずにパニック障害の原因を作るのではと当院では思っています。
    出典 :パニック障害の原因と身体的な特徴
  • こちらのサイトで簡単な自己診断ができます。

  • あくまでも参考レベルです。勝手な判断は禁物です。おかしいと思ったら、早く専門の医師の診察を受けましょう

  • 治療

  • 病院での治療は薬物療法と心理療法(認知行動療法)が中心です。
    まずは薬でパニック発作を抑え込み、不安や恐怖感をコントロールできるようになるためには認知行動療法があります。また食事や睡眠など生活全般を整えていくための食事療法などがあります。
    出典 :パニック障害 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
  • パニック障害を患った芸能人

  • 華やかな世界ですが、意外に多いのに驚かされます。

  • 円広志

  • IKKO

  • 田中美里

  • 大場久美子

  • 森昌子