自宅ヨガで簡単!骨盤ダイエット

骨盤矯正をすることによってダイエット効果があります。
骨盤矯正にはヨガがオススメです。

自宅で簡単にできる骨盤矯正に効くヨガのポーズをまとめました。

view2067

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • ヨガで骨盤矯正

  • ヨガは、非常に骨盤矯正に効果的な方法で、瞑想や呼吸法と非常に深い関係があります。
    ヨガダイエットは、体重を減らすだけではなくて、体の調子を整えたり、精神的に安定させたりする効果があります。

    また、日常では使わない筋肉を動かすことで、新陳代謝を活発に促します。
    一つ一つの動作はとてもゆっくりですが、ちゃんとしたやり方で行えば、汗が出るほど筋肉を使っています。
    体を少し動かすことで、新陳代謝が向上し、内臓の機能が活発になります。
    それにより、ストレスは解消しますし、骨盤の歪みを矯正することで疲労を回復します。

    また、自律神経を正常化することができるので、やせやすくて太りにくい体になるのです。
    出典 :ヨガで骨盤矯正|骨盤矯正ダイエットの効果・方法
  • ヨガを行う際の注意

  • ヨガをする際は、食事の前後2時間以上経ってから行うようにしましょう。
    食後というのは、血液が胃に集中しているので、気分が悪くなる場合があります。
    それだけでなく、脂肪が燃焼しにくいので、ダイエットとして良い効果は現れません。

    また、お酒を飲んでから行なうことや、入浴した直後に行なうのもやめましょう。
    出典 :ヨガで骨盤矯正|骨盤矯正ダイエットの効果・方法
  • ヨガマット

     

    ヨガマットを用意しましょう。

  •  

    動きやすい、楽ちんな服装で始めましょう。

  • 無理をしないで続けていくことが大切です。

  • さあ、実践。

  • ハトのポーズ

  • 【1】
    正座の姿勢から、右足を伸ばして横すわりになります。

    【2】
    左足を曲げ、右足はしっかりと上にあげて右ひじにひっかけます。

    【3】
    頭の後ろで両手を組んで、 顔を右足に向けゆっくりと息を吐きます。
     <簡単なバリエーション>・・・手が後ろで組めない場合は、膝を曲げている側の腕を後頭部に沿え、反対側の手はふくらはぎを後ろから抑えるように持ちます。

    【4】
    息を吐いたら、顔を斜め上に向けて胸を張り、 息を吸いながら左ひじを後ろに引いて、腰や背筋をのばします。

    【5】
    その姿勢を約30秒ほど自然呼吸をしながらキープし、息を吐きながら元の姿勢に戻ります。

    【6】
    反対側も同様に行います。
    出典 :ハトのポーズのやり方や効果効能
  • ハトのポーズの効果・効能
    •上半身(背中/お腹)の引き締め
    •下半身(ウエスト/ヒップ/ふともも)のシェイプアップ
    •バストアップ
    •内臓機能を調整
    •骨盤の歪み矯正
    •冷え性改善
    出典 :ハトのポーズのやり方や効果効能
     

    効果・効能です。
    骨盤矯正以外にも効果があります。

  • ひばりのポーズ

  • 【1】
    足の親指を重ねないように正座をして座ります。

    【2】
    正座の姿勢から、左足を後ろへまっすぐ伸ばします。この時、右足のかかとは内側へ、ヒップは床につけましょう。

    【3】
    息を吸いながら両手を上に上げ、今度は息を吐きながら身体を反らせます。この時、体が横向きにならないように、また両腕が外側に広がらないように注意します。
    この姿勢を、天井を見上げて約30秒ほど自然呼吸をしながらキープ。

    【4】
    同様に、反対側の足でもやってみます。
    出典 :ひばりのポーズのやり方や効果効能
  • ひばりのポーズの効果・効能
    •生理痛/生理不順の改善
    •便秘の改善
    •足/腰のむくみ改善
    •肩こりの改善
    •骨盤の矯正
    •ウエスト/ヒップのシェイプアップ
    •自律神経の安定
    出典 :ひばりのポーズのやり方や効果効能
  • ひばりのポーズの効果・効能
    •生理痛/生理不順の改善
    •便秘の改善
    •足/腰のむくみ改善
    •肩こりの改善
    •骨盤の矯正
    •ウエスト/ヒップのシェイプアップ
    •自律神経の安定
    出典 :ひばりのポーズのやり方や効果効能
  • 三日月のポーズ

  • 【1】
    まず正座で座り、それから右足を床に直角になるように立てます。

    【2】
    息を吐きながら、両手を前について上体を前方に傾けます。左足を後ろに伸ばし、左膝との下に向けた左足の指を床につけます。

    【3】
    息を吸いながら、上体を床に垂直になるように起こして、両手を外側から頭の上で合わせ、天井に向けて思い切り伸ばします。腰はなるべく下に下げ胸を張りましょう。このポーズで、約30秒ほど自然呼吸をしながらキープします。

    【4】
    息を吐きながら両手を床に置き、左足を床から離し元の姿勢に戻します。反対側の足でも同様にやってみましょう。
    出典 :三日月のポーズのやり方や効果効能
  • 英雄のポーズ

  • 【1】
    足の指をなるべく全部開いて、かかとからつま先まで、しっかりと床に付けて立ちます。

    【2】
    およそ90度くらいになるように右足を前に出します。横から見ると足の形が逆V字形になるような体勢です。足が内股にならないように注意しましょう。

    【3】
    背スジをピンと伸ばし肩の力を抜いて、前で両手を組み親指と人差し指を出します。

    【4】
    息を吸いながら、組んだ腕を耳の横まで持ち上げます。

    【5】
    息を吐きながら、右足を曲げて右の太ももが床と平行になるまで腰を下げます。右足のかかとの真上に、膝が来る位置が目安です。膝がかかとより前に飛び出ないように気をつけます。
    下半身に重点を置いて、後ろの足で床を押すようなイメージで立ちましょう。上半身は力を抜いてリラックス。

    【6】
    腕を後ろに引きながら腰を伸ばして、上半身をグッと反らせます。体重が両足に平等にかかるようにして、視線は天井に向けます。この姿勢を約30秒ほど自然呼吸をしながらキープ。

    【7】
    息を吸いながら体を元の位置に戻してポーズを解きます。同様に反対の足でも行いましょう。
    出典 :英雄のポーズのやり方や効果効能
  • 英雄のポーズの効果・効能
    •肩こり改善
    •背中の引き締め
    •ウエストの引き締め
    •太ももの引き締め
    •お尻の引き締め
    •倦怠感改善
    •冷え性改善/血行促進
    •集中力アップ
    •腰痛の改善
    •骨盤の矯正
    •精神安定
    出典 :英雄のポーズのやり方や効果効能
  • 動画で確認!ヨガで骨盤矯正

  • 骨盤を矯正するポーズ【アンチエイジングヨガ】