肌荒れを治す効果的なスキンケアは?

肌荒れを治す効果的なスキンケア方法はどうしたらよいのでしょうか。洗顔方法や生活面ではどういった注意が必要でしょうか。調べてみましょう。

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌荒れしているとちょっとブルーな気持ちになりますよね。

  • 肌荒れしているときはどんな状態?

  • 荒れた肌というのは角質がひび割れているため、水分がどんどん蒸発し、さらなる肌荒れやトラブルを引き起こしやすくなっています。
    出典 :肌荒れ対策 肌荒れのときのスキンケア | エイジングケアのビューティバンク
  • 肌のお手入れ、こんな時は気をつけて

  • 気をつけなくてはならないのは、「肌にしみるものはつけない」ということ。肌にしみるということは肌が拒絶しているということ。クリームでもしみてしまうときはワセリンがおすすめ。
    出典 :肌荒れ対策 肌荒れのときのスキンケア | エイジングケアのビューティバンク
     

    ワセリンはアトピー性皮膚炎のときにも使うので、デリケートな肌にはお勧めです。

  • きれいな肌を保つための効果的なスキンケア

  • 紫外線対策は忘れずに

  • 紫外線対策は化粧品他、日傘、帽子、長手袋などでも防ぐことができます。

  • 肌が荒れていても紫外線対策はしたほうがよいです。ただ、日焼け止め化粧品などに含まれる紫外線吸収剤は刺激が強いため、さらなる肌荒れや乾燥を引き起こすことがあります。そのようなときは、パウダーファンデーションや粉おしろいで紫外線があたりやすい場所を重ねて塗ると多少は防ぐことができるようです。
    出典 :肌荒れ対策 肌荒れのときのスキンケア | エイジングケアのビューティバンク
  • 肌荒れの原因はバリア機能の低下によるもの

  • 肌荒れの原因・・肌が敏感に化粧品の成分に反応してしまっている場合があります。使い続けて肌のバリア機能が低下してくるとさらに肌荒れが進行してしまいます。
    出典 :肌荒れの原因は化粧品にあり
  • バリア機能の低下を促進させてしまうもの

  • 防腐剤、アルコール、保存料・・敏感肌の方には肌ストレスになる原因があります。エアコン・・エアコンがかかった空気は乾燥しているので、お肌の乾燥や、肌ストレスの原因になります。
    出典 :肌荒れの原因は化粧品にあり
  • そのスキンケア法でお肌は大丈夫?

  • 誤った化粧法・・ブラシでごしごしこすっている・強い力で顔面マッサージする。毛穴パックを定期的に行っている。保湿クリームをさっぱりケアしか行っていない。
    出典 :肌荒れの原因は化粧品にあり
     

    本当に自分の肌にあっているのか、今までのスキンケア方法をちょっと考えてみることも必要ですね。

  • 効果的なクレンジング法

  • 洗顔するときは「Tゾーン→両頬→両目」の順で転がすように優しく洗う。乾燥を感じやすい部分には泡を最後にのせてすぐに洗います。肌荒れがひどい時は、水に近いぬるま湯で素洗いを3~4日続けます。また、洗う時間を短く切りあげるのもポイントです。
    出典 :乾燥肌、敏感肌・肌荒れ解消法
     

    こすり洗い、ブラシや化繊のスポンジの使用、熱すぎるお湯や長すぎる洗剤の利用はNGです

  •  

    必要に応じて、保湿剤や化粧水で肌水分を補うことが大切です。また、肌荒れを起こしているときは、極力刺激成分を控えて、落ち着くまで様子を見るということが良いようです。