【あなたは実感しましたか?】胸の張りなどの妊娠兆候

皆さんは『胸の張りなどの妊娠兆候』についてご存知ですか?妊娠すると、妊婦さんの身体には様々な変化が訪れます。これは、ホルモンバランスが変化し、お腹のなかで赤ちゃんが育つのに必要な環境をつくりあげていくためです。
今回は『妊娠兆候』についてまとめてみました。

view632

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 様々な妊娠兆候について

  • 『あれ、もしかして妊娠したかな…?』そう感じるのはどのような時でしょう。『胸が張って痛い』『何だか眠気がすごい』『何となく微熱があるのような…』こうした様々な『いつもとちょっと違う症状』が積み重なってふと妊娠かな、と気づくものです。
    では『胸の張りなどの妊娠兆候』には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

  • 1.胸が張る

  • 子宮の中で排卵がされた直後には、プロゲステロンという黄体ホルモンが発生します。これは受精前の段階ですので、生理トラブルの一つでもあります。胸が張ると生理が近い…というのはこのホルモンが原因です。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • このホルモンは、受精後の妊娠トラブル胸の張りや痛み、つわりやだるさなどにも関わってきます。トラブルを引き起こす悪役のホルモンではなく、妊娠した体を守るためのホルモンなんですよ。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 乳腺や乳管の組織を発達させ、生まれてきてすぐにおっぱいをあげられる様な準備を始めます。この時は、胸が張るってどんどん大きくなる様です。この張りは出産まで続く事が多いです。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  •  

    胸の張りは赤ちゃんにおっぱいをあげるうえでの準備なのですね。痛みが伴うため不安になりがちですが、過度に心配する必要はありません。
    あまりに痛みがひどい時は病院で相談してみましょう。

  • 2.妊娠初期の出血~着床出血~

  • 着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床した際に起こる出血のことです。一般的には、お印といわれることもあるあ微量の出血です。不正出血と誤解されたり、生理の始まりと間違われることもあります。
    出典 :着床出血について
  • 受精卵は子宮内膜に着床した後に膜の組織を融解します。この時に起こる出血のことを「着床出血」と呼びます。着床部分は後々胎盤となって栄養を受け渡しする役割を持つパイプになります。
    出典 :着床出血について
  • 着床出血は妊娠すれば誰もが経験するものではなく、出血がある人もいれば出血がない人もいます。一人目は着床出血があったのに二人目は出血が無かったと言う人も中にはいるようです。
    出典 :着床出血について
     

    『着床出血』は必ず起きる、というものでもないようですね。もし出血がなかったとしても、妊娠検査薬で陽性がでているのであれば必ず産婦人科を受診しましょう。

  • 3.強い眠気

  • 妊娠初期には、プロゲステロンというホルモンが増えるのですが、このプロゲステロンが眠気を生じさせているのです。
    出典 :妊娠初期の眠気 赤すぐ|妊娠初期の眠気についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠前に、生理前にはどうもイライラするが生理が終わるとスッキリする、といったメンタルの変化を感じていた女性も多いのではないのでしょうか。
    出典 :妊娠初期の眠気 赤すぐ|妊娠初期の眠気についての説明や妊婦さんの体験談
     

    上記のような症状は『月経前症候群(PMS)』と言われています。これもホルモンバランスの変化がおこす症状ですね。

  •  

    妊娠初期に強い眠気を感じることは自然なことなのですね。可能であれば我慢せずに眠ってしまいましょう!

  • 月経前症候群(PMS)に似た症状が妊娠初期にはずっと継続しているということになります。つわりの諸症状の多くは、このホルモンの増加のせいと言われていますが、眠気もその一つ。
    出典 :妊娠初期の眠気 赤すぐ|妊娠初期の眠気についての説明や妊婦さんの体験談
  • 4.足の付け根が痛くなる

  • 妊娠すると、出産に備えて骨盤が開くように、リラキシンというホルモンが分泌されます。リラキシンは、骨盤周りの筋肉を緩める働きがあり、妊娠初期と後期に多く分泌されます。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
     

    骨盤周りの筋肉を緩めるため、その働きで妊娠初期から骨盤が緩みすぎてしまうことがあるそうです。

  • また、骨盤が緩んでいるということは、歪みやすいということです。ただ緩んでいるだけでは症状は出ないのですが、歪んで左右のバランスが崩れると、股関節痛など、痛みや不快な症状がでるのです。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
  • いかがでしたか?こうして見ると『妊娠の兆候』にも様々な種類がありますね。こうした諸症状は確かにわずらわしいものではありますが、大切な赤ちゃんを育てるため、自分の身体が一生懸命準備をしているのだと思うと本当にすごいことだと思えますね!
    ただし、無理は禁物です。辛い時は我慢をせず、病院へ相談しましょう。