こんな症状が出たら危険!【器質性月経困難症】月経困難で病気が隠れている!?

月経痛がひどい人は一度確認してもらいたい
困難症があるのです
まとめてみました

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 器質性月経困難症?

  • 子宮内膜症、子宮筋腫、子宮の奇形、子宮腺筋症等の子宮の病が要因で引き起こされるのが、器質性月経困難症です。
    症状の改善には、その要因である病の治療が先決になります。
    個人差がある生理痛ですから、なかなか一般的な生理痛と月経困難症との差を見極めるのは難しいでしょう。
    見分け方として、今までには経験ないような強い痛みを毎月のように感じたり、生理痛が激しくなっているようなら子宮や卵巣に痛みの原因が隠れている可能性があります。
    出典 :器質性月経困難症の原因・機能性月経困難症の原因|月経痛の症状と原因&対処方法
     

    病気が隠れているとしたら気になる&早急に対処したいですよね

  • 子宮内膜症では、子宮内膜と同一の組織が子宮筋層内や子宮と直腸の境界部、卵巣などの閉鎖空間で内出血するため、異常に激しい疼痛が誘発されます。
    また、直腸前壁内の出血が下部消化管を刺激して下痢を起こしたり、骨盤内の閉鎖空間での内出血が発熱を誘発して、急性骨盤腹膜炎と類似の症状を起こします。さらに腰痛を伴ったり、月経が近づくとひどい性交痛を起こすことも特徴です。
    成熟女性のしだいに増悪する激しい月経困難症は、骨盤内の異常、特に子宮筋腫や子宮内膜症による場合が多いことを記憶にとどめていただきたいと思います。
    出典 :月経困難症|ベネッセウィメンズパーク
  • 隠れている病気は多数ある

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症とは、子宮内膜が本来あるべき子宮腔以外の場所に発生し、増殖する病気です。増殖した内膜組織は子宮内膜と同じように、生理がくると触解し、出血を起こします。本来の子宮内膜は出血とともに体の外へ排出されますが、子宮以外の場所で増殖してしまった内膜組織には排出される出口がないため、お腹の中にたまって炎症を起こし、激しい痛みなどの症状を引き起こします。
    出典 :生理痛情報ナビ - 器質性月経困難症とは
     

    以外と多いこちらの病気はピルを用いる事もあります

  • 子宮腺筋症

    子宮腺筋症とは、子宮内膜が子宮の筋肉層にもぐりこみ、増殖する病気です。内膜組織が増殖を繰り返すとまわりの筋肉がかたくなり、子宮の壁もどんどん厚くなって、しまいには子宮全体が大きくふくらんでいきます。症状としては、激しい痛みにくわえ、筋肉がかたくなることで子宮が収縮しづらくなって出血量が増え、貧血などの症状が出ることもあります。
    出典 :生理痛情報ナビ - 器質性月経困難症とは
     

    貧血は生理中によくある事ですが、多い出血が伴います

  • 子宮筋腫

    子宮筋腫とは、子宮の壁を形づくっている筋肉の一部が異常に増殖し、良性の腫瘍(こぶ)ができる病気です。はっきりとした原因はまだわかっていませんが、子宮の筋肉層にできた腫瘍の芽が、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの刺激を受け、長い時間をかけて成長すると考えられています。腫瘍が大きくなるにつれ、出血時にレバーのような血の塊が混じって出てくるのが特徴です。
    出典 :生理痛情報ナビ - 器質性月経困難症とは
     

    血の塊はかなり大きい事もあるそうです

  •  

    その他の病気

    その他に月経困難症の原因となる病気には、原因が不明なものの下腹部が重く痛む骨盤内うっ血症候群や、淋菌やクラミジアといった細菌に感染して微熱や悪臭のあるおりものが出る骨盤内感染症などがあります。

  • 治療自体はその病気を治すことが先決とされる

  •  

    低用量ピル / 排卵を止め、生理を軽くする。
    ピルは避妊薬というイメージがありますが、排卵を止めることで子宮内膜の増殖を抑えます。薬を休む期間に生理(消退出血)が起こりますが、子宮内膜が薄いため、出血量が少なく、出血時の痛みも軽くなります。子宮内膜症の症状コントロールや再発予防に有効で、これまでの中用量ピルよりも副作用が少ないことから注目されています。

  • 鎮痛薬(NSAIDs)
    炎症を抑え、子宮内膜症の最大の症状である「痛み」を軽減します。鎮痛薬には生理時に痛みを引き起こす、子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」の発生を抑える働きがあります。鎮痛薬は種類が多く、人によって効く薬が違います。吐き気があるようなら坐薬を選ぶなど、市販品だけでなく、医師に相談して処方してもらうのもいいでしょう。

    出典 :器質性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
  • GnRHアゴニスト
    閉経したときのように女性ホルモンの分泌を低下させて排卵及び生理を止め、子宮内膜の増殖を抑えます。副作用としては更年期様症状、骨量減少などがあります。
    出典 :器質性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
  • 点鼻タイプ
    1日2~3回、鼻の粘膜に噴霧して使うスプレー薬。手軽に投与できる。投与期間は最長6カ月。
    注射タイプ
    4週間に1回、上腕や腹部に皮下注射する。投与期間は最長6カ月。
    出典 :器質性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
     

    アゴニストは二種類あります

  • 手術

  • 保存手術
    妊娠・出産を希望する人、未婚の人に対して、子どもを産むために必要な臓器を残す手術です。病巣部の癒着をはがす、卵巣内のチョコレート嚢胞を処置するなどがあります。ただし小さな病巣や隠れた部分の病巣は処置しきれず、再発の可能性があります。
    出典 :器質性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
     

    再発の危険性はありますが、妊娠を希望するならこちらですね

  • 準根治手術
    症状が重く、子どもはもう望まないという人に対して、子宮を全摘出し、片方の卵巣などを残す手術です。毎月の生理がなくなり、ひどい痛みから解放されます。さらに健全な部分の卵巣を残すことで女性ホルモンが分泌され、更年期症状を防ぐことができます。ただし女性ホルモンが分泌される以上、残った病巣が再発する可能性は残ります。
    出典 :器質性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
     

    他にも根治の場合は全摘出で再発の危険性もなくなります