どんな事になる?「リウマチ性多発筋痛症の症状」とは!?

リウマチ性多発筋痛症の症状はどう言ったものがあるのでしょうか!?

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リウマチ性多発筋痛症の患者さんは

  • リウマチ性多発筋痛症は、関節リウマチの十分の一以下と考えられます。アメリカでは、人口10万人で18.7~68.3 人、とくに50歳以上の人口10万人に対しては年間50人ほど発病するとされています。日本人は欧米人よりもずっと少ないとされていますが、大変稀な病気ということでもありません。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
  • リウマチ性多発筋痛症は50歳代以上の方に多く、発症時の平均年令は65歳くらいです。男女比は1:2とやや女性に多いといわれています。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
  • リウマチ性多発筋痛症の症状は

  • 前兆になるような感染症などは、とくに知られていません。体幹に近い部分、すなわち肩から上腕、頸(くび)、臀部(でんぶ)から大腿などの筋肉の痛みやこわばりから始まり、それが2週間以上続くのが特徴です。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 - goo ヘルスケア
     

    症状はこのように表れるのです。

  • 筋肉症状として

  • 筋肉症状としては、筋肉痛が、頚部、肩周囲、腰部、臀部、大腿部に見られ、この痛みは自分で感じられる痛み(自発痛)で、押さえたり、運動してもそれ程変わらないのが特徴です。また、筋肉には赤みや腫れなどはなく、筋力が弱くなったと感じることもありません
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    関節の症状は痛みが見られるものだけで腫れたりはしないそうです。

  • この病気の原因は

     

    真の原因は分かっていないようなのです。症状が似ている事や免疫の異常がある事は分かっているそうですが、それ以外の目立った原因というものは発見されていないようなのです。

  • 症状のパーセンテージ

  • リウマチ性多発筋痛症では、全身の症状、筋肉の症状、関節の症状3つが主な症状です。全身症状としては、あまり高くならない発熱(80%)、食欲不振(60%)、体重減少(50%)、全身倦怠感(30%)、抑うつ症状(30%)などがみられます。筋肉の症状としては、両側の肩、くび、腰、臀部、大腿などに痛みやこわばりがでます。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
  • 。半数以上の人ではこの肩周囲の症状が最初に現れます。しかし一般に筋力が低下することはありません。関節の症状として朝の手のこわばりや関節痛がみられます。とくに夜の痛みが多く、睡眠時の体動で痛みが起こり、目が覚めてしまうことがよく起こります。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
  • 手関節などが関節リウマチのように腫れることはあまりありませんが、全くないわけでもありません。元気がないことから初老期うつ病と間違えられたり、肩の痛みから五十肩と誤診されることもあります。
    出典 :リウマチ情報センター|リウマチ性多発筋痛症
  • その他にも風邪に似ている症状が

  • 筋肉の症状以外では、発熱(多くは37℃台の微熱)、全身のだるさ、体重減少などの全身症状と、関節の痛みを伴います。ただし、関節がはれ上がるほどになることは少ないといわれています。これらの症状が急速に出現して、2週間程の短期間に病勢はピークに達します。
    出典 :リウマチ性多発筋痛症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • リウマチ性多発筋痛症の症状は

     

    色々な症状が出る事になります。男女の比率は1:2となっていますが女性に多いと言われているので気をつけてみてくださいね。