羊水過多の自覚症状がある人は注意してください!

羊水過多の自覚症状がありますか?あるかたは病院に行きましょう。いろいろな原因があるとも言われていますが、しかし分かっていないのも事実です。妊娠に影響したらよくないので、すぐに検診をしてもらいましょう。

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 羊水過多の自覚症状

  • 妊娠後期のその羊水量は通常500ml程度とされていますが、妊婦さんの羊水量には個人差が大きく正確な平均を測ることは困難です。 羊水過多症は、早産や前期破水、常位胎盤剥離、出産後の弛緩出血など合併症に注意しなければいけません。
    出典 :羊水量が多い、羊水過多とはどんな症状なの? -【ママリ】
  • 羊水量が多いため赤ちゃんが逆子になっている場合も多いので、破水などが起こらないよう慎重に過ごしましょう。さらに微弱陣痛になる可能性も高いと言われています。
    出典 :羊水量が多い、羊水過多とはどんな症状なの? -【ママリ】
  • 自覚症状としては羊水過多の場合はおなかの張りや動悸(どうき)のほか、おなかが異常に大きくなるといった症状が見られます。
    出典 :羊水過多・羊水過少-妊娠用語辞典|【たまひよnet】
  • 基準値

  • 羊水の量は妊娠経過とともに増え、妊娠後期には減り始めます。妊娠後期に羊水量が800ml以上なら羊水過多、100ml以下なら羊水過少と判断されます。
    出典 :羊水過多・羊水過少-妊娠用語辞典|【たまひよnet】
  • 羊水過少は、もともと羊水が産生されにくい場合や赤ちゃんの腎臓になんらかの問題があることもあります。羊水過多の発症率は全妊娠の0.5%ほどで、羊水過少はこれよりずっと少なく、まれにしか起こりません
    出典 :羊水過多・羊水過少-妊娠用語辞典|【たまひよnet】
  • 羊水過多症の原因

  • 胎児側要因
    胎児形態異常(染色体異常を含む)
    胎児形態異常(染色体異常を含むは約20%
    ・中枢神経系異常…無脳児、水頭症、脊柱破裂など。
    ・消化器系異常…消化管閉鎖、口唇・口蓋裂、腹壁破裂など。
    出典 :羊水過多症 | 妊娠の異常
  • 羊水過多症は原因がはっきりとしないものが多く、原因不明の割合は約60%です。
    出典 :羊水過多症 | 妊娠の異常
  • 妊娠をすると体にいろいろな症状が現れますね。一体どれが正しくてどれが危険なのかを見ていきましょう。羊水とは赤ちゃんが包まれている膜のようなものです。その中で赤ちゃんはすくすくと成長していきます。赤ちゃんが健康に育つためには常に羊水もきちんと保っていなければいけません。従って、母体の健康が関係してくるわけです。しっかりと栄養などをとってリラックスしていましょう。しかし、この羊水が、多すぎるといった現象があります。これを羊水過多といいます。羊水が多すぎることで、いろいろな危険の可能性もあるので注意が必要です。では、自覚症状はあるのでしょうか。通常500MLとされている羊水ですが、多い人は自覚症状があまりないそうです。定期的に検診をしてお医者さんに見てもらいましょう。羊水が多いとどのような危険性があるのかもう少し詳しく見てみましょう。

  • まず、早産が挙げられます。早産は早く生まれてしまい、まだ未熟な体で出てきてしまいます。保育器に入ったりなど危険がいっぱいですね。本当に注意をしなければいけません。
    次に破水の可能性もあります。破水は羊水が破れてしまうため、赤ちゃんが出てきてしまいます。これもとても危険ですね。

  • 羊水過少は逆にこれもよくありませんね。羊水過多の発症率などは0.5%だということです。これに対し、羊水過少はほとんどまれにしか起こらないということなのであまり過度な心配は必要ないかと思います。お腹の中の羊水の量についてみてみましょう。羊水の量は妊娠が進むにつれてどんどん増えていくのを知っていますか。一体何ミリリットルまで増えているのでしょうか。だいたい平均的なものをあげますと、妊娠後半で800ml 以上なら羊水が多いということになります。また、100ml 以下なら少なすぎると言われているそうですよ。お腹の中の羊水が多いか少ないかは自分で判断することができませんので、必ず定期的にお医者さんにかかって調べてもらうようにしましょう。赤ちゃんへの影響はどうなっているのでしょうか。羊水が多い時点でもう影響してしまっているのですか?答えはどちらとも言えないということです。羊水が多くても健康に無事に生まれてくる人も多いが事実です。たまに、逆子となって産まれてくることもありますよ。実際に産んでみなければわかりません。

  • ただ、羊水が多い場合は、日常生活にも今日をつけるように心配りをしなければいけませんね。羊水が多くなる原因についてみていきましょう。赤ちゃんの消化器官の異常によって起こるそうですよ。お母さんの体自体に羊水が生産されにくい場合もありますし、赤ちゃんの腎臓に問題がある場合もありそうなので、十分な注意が必要ですね。お医者さんに行ったら超音波検査でお腹を中を調べてもらえますので、赤ちゃんの状態もきちんとわかりますね。もし羊水過多になってしまった場合は呼吸困難などの症状が起こると大変なので、羊水を抜くという治療方法もあることを覚えておいてくださいね。もし羊水が少なければ赤ちゃんに元気がなくなってきてしまうので早くお産する方法もあります。羊水は赤ちゃんの命をつなぐ大切な水なのできちんとチェックしてもらうようにしましょう。妊娠中に少しでも違和感を感じたらすぐにお医者さんに行くようにしてくださいね。また、羊水の量についてもためらわずにお医者さんにきくのもいいでしょう。