「夜間頻尿対策」どうすれば止められるか?

夜間頻尿もちゃんとした対策をとれば止める事ができます。夜間頻尿に悩んでる方は、毎日少しづつでもやってみましょう。

view1451

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜間頻尿とは?また原因は?

  •  

    原因から勉強しましょう

  • 夜間頻尿とは、夜間に排尿のために1回以上起きなければならない訴えであり、そのことにより困っている状態をいう
    出典 :OAB.jp|下部尿路機能ポケットマニュアル|夜間頻尿診療ガイドライン
     

    1回で頻尿になるのですね

  •  

    原因については別のまとめを作っておりますので、そちらを参照することをお勧めします。

  • では本題、どうすれば止めることができるの?

  •  

    できることはやりましょう。

  • まずは検査

  • ■夜間頻尿の対策と治療
    夜間頻尿の診断・治療法
    ・尿検査
    ・超音波検査などによる泌尿器科検査
    ・排尿日記の記録を付ける
    ・血圧測定
    ・尿流測定
    ・残尿測定
    ・尿の濃度測定
    ・睡眠障害の有無など
    以上を詳しく検査して、自分の夜間頻尿が、夜間多尿なのか、膀胱容量の低下によるものなのかを知る必要があります。
    出典 :高齢者 夜間頻尿の原因 - 頻尿 原因と対策(症状・治療・予防・改善)
     

    対策を練る前提としてよく調べなきゃいけないということですね。でもここまでしなくても良いような気がします。

  • 患者さんが出来る頻尿対策は生活習慣の見直しから

    まず夜間頻尿の方は、日常で、体の負担にならない程度に気をつけられることから、はじめてみる事をお勧めします。

    高齢者の方で、早々と寝てしまい、夜中に目が覚めてしまう、という方は、お昼寝をして、入眠時間を壮年期の方と同じにするのも頻尿を防ぐポイントです。

    頻尿も体内時計に左右されているものですので、眠りの時間や質をコントロールする事で睡眠障害だけでなく、頻尿も防ぐ事が出来ます。
    出典 :対策法【夜間頻尿の原因・治療ナビゲーター】
     

    夜起きないようにするのも対策なんですね

  • 私たちは身体が冷えてしまうことで、膀胱の副交感神経が刺激されていきますので、どうしても膀胱が活発に働く事になります。これによって、夜間でも頻尿という症状が起こってしまうことになります。身体を冷やさないようにしましょう。

    日常生活の中でも、できるだけ身体を冷やさないように注意が必要です。冷たい物を多く摂取していてはいけません。温かい飲み物などを摂取していきましょう。また、冷え対策グッズなどもどんどん活用されることをおススメします。
    出典 :夜間頻尿|頻尿対策ガイド
     

    これは簡単にできますね

  • 身体の中から温めていくことも、夜間頻尿対策には欠かせません。
    冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物を飲むだけでも十分な冷え対策となります。
    他にもなるべく薄着を避けたり、身体を温める作用があるしょうがなどの食材を積極的に摂ったりすることも、冷えには効果的です。
    出典 :夜間頻尿対策 | 頻尿対策 お悩み解決サイト
     

    温かくするのも大事ですね

  • 軽い運動も効果的

    頻尿改善には運動も効果的です。1日20分以上散歩やジョギングをするだけでも、適度な疲れで眠りが深くなります。
    出典 :夜間頻尿対策で夜中に目が覚める不眠症改善
     

    運動は万能ですね

  • 夜の頻尿対策には下肢運動

    ウォーキングやスクワットなど寝る3~4時間前までに行うと効果的です。
    出典 :NHKためしてガッテン※夜間頻尿・原因・対策・心臓3/6放送 - 美容と健康日記
     

    スクワットも効果があるのですね

  •  

    スクワットはすぐに簡単にできますね

  • 膀胱の容量UP!膀胱訓練とは?

    膀胱訓練というのは、簡単にいえば計画的に尿を我慢して、膀胱にたまる尿の量を少しずつ増やし排尿回数を減らす方法です。

    やり方はいたって簡単です。

    ①肛門や尿道に力を入れてぐっと尿を我慢する
    ②排尿以外のことを考えたり、ゆっくり深呼吸することで尿意を紛らわせる
    ③尿を我慢する時間を5分、10分と計画的に少しずつ延ばしていく

    ~ポイント~
    ポイントは、尿意には波があることを知ることです。
    尿意は波のように強弱があります。尿意が強い時に行動すると尿を漏らしてしまうことがあり、万が一漏らしてしまうとトラウマになって、さらにトイレを気にするようになってしまう場合があります。ですから、トイレに行く時は波が弱い時に行くようにしましょう。自信の無い方は外出時は避け、まずは尿パッドなどをあてて自宅での練習をお勧めします。そして、訓練をしてすぐに効果がなくても3ヶ月位は続けてみましょう。
    出典 :簡単にできる“膀胱訓練”で頻尿対策! | 名医のコラム | コミコミクリニック みんなの家庭の医学
     

    簡単そうに見えますけど、継続的にやるのが大変そうですね

  •  

    あんまりやり過ぎると体に悪いですから、ほどほどに

  • 夜間頻尿の対策

    <高血圧が原因>
    降圧剤などの薬による治療になり、あとは塩分を控えめにすることだという。
    出典 :夜間頻尿の原因・対策法 NHKゆうどきネットワーク
     

    薬が一番効果的でしょうね、夜間頻尿の原因が高血圧だった場合は

  • 塩分の排出を良くして血圧を下げるダッシュ食・・・夜間頻尿対策

    塩分の排出を良くして血圧を下げるダッシュ食というのがあり、アメリカでは血圧降下が実証されています。塩分の排出がうまくできると腎臓の負担がへり夜間頻尿対策になるのです。
    ダッシュ食は色の濃い野菜と果物を増やし、肉や脂肪分を減らすというもので特徴的なのは塩分の排出を良くするマグネシウム、カルシウム、カリウムの3つのミネラルの摂取で、塩分の排出が良くなると血圧が下がります。このミネラルが衰えた腎臓を補ってくれます。塩分の排出がうまくいけば腎臓は夜眠ることができ夜間頻尿の改善になり、血圧も下がります。
    出典 :夜間頻尿対策で夜中に目が覚める不眠症改善
     

    血圧を下げるのも頻尿対策になるのですね。

  • 夜間頻尿に効果的な漢方薬はいくつかあります。 頻尿や尿もれなど排尿障害に関する症状に効果的な漢方として有名なのが八味地黄丸(はちみじおうがん)です。

    地黄(じおう)、山薬(さんやく)、山茱萸(さんしゅゆ)、茯苓(ぶくりょう)、沢瀉(たくしゃ)、牡丹皮(ぼたんぴ)、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)に知母(ちも)、黄柏(おうばく)といった成分が処方されています。 地黄(じおう)、山薬(さんやく)、山茱萸(さんしゅゆ)、茯苓(ぶくりょう)、沢瀉(たくしゃ)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桂皮(ケイヒ)、炮附子(ホウブシ)という処方の仕方もあるようです。

    八味地黄丸は夜間頻尿など排尿障害に効果的であるだけでなく、排尿障害などに伴うしびれや腰痛、むくみなどにも効果があるとされています。 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)も夜間頻尿に効果的な漢方薬と言われています。
    出典 :夜間頻尿の原因・対策・治療法
     

    漢方薬も効くのですね