つらい【花粉症】の季節です・・・「空気清浄器」の活躍で予防や症状緩和はできるの?

【花粉症】は経験してみると本当に辛いものです。
酷くなると日常の生活にも大きな支障をきたすことになります。
予防はどうすればいいの?「空気清浄器」は症状緩和に役立つの?
早めの対策で重症化を防ぐことが大切となります。

view124

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いやな【花粉症】の季節が・・・・

  •  

    【花粉症】の季節は始まっている!

  • 平成26年春の花粉飛散予測 :環境省
    平成25年11月の気温は関東から西の地方で低くなり、12月も北日本を除いて低温になりました。1月前半の気温はほぼ全国的に平年よりやや低くなりました。気象庁によると、平成26年1月後半の気温は全国的にほぼ平年並みになる見込みです。また2月上旬の気温は低気圧が日本海を進み、暖かい空気が流れ込むために、東北から九州にかけての地方では平年並みか平年よりも高くなる確率が高いと予測され、一時かなり高くなる見込みです。
     11月と12月が低温だったため、雄花の休眠覚醒はほぼ例年並みかやや早くなりますが、開花準備期間の1月が関東から西ではほぼ平年並み、東北から北はやや低温になり、2月上旬の気温が高くなるために、スギ花粉の飛散開始日は、関東から西の地域の多くは例年より2日から3日前後早く、東北、北陸地方で例年並みか2日から3日前後遅くなりそうです。平成25年春と比較すると西日本を中心に遅くなる可能性が高いと見込まれます。ただし、飛散開始時期は開花直前の気象条件の影響を受けやすく、予測よりも早くなることがあります。
    出典 :花粉飛散時期・花粉カレンダー
  •  

    花粉は1年中飛散しています!

  • 【花粉症】になる人、ならない人

  • 花粉を体の外に追い出そうとする体の反応が、くしゃみや、鼻水、鼻づまりという症状として現れます。
    花粉症になる人と、ならない人がいるのは、体内に侵入してきた異物に対して生まれつき抗体ができやすいかどうかという遺伝的な違いと考えられています。
    出典 :花粉症対策、早めがポイント!
  • 【花粉症対策】・・・空気清浄器の効果は?

  • 【花粉症セルフケア】できる事はやってみよう!

  •  

    自分でできる事は沢山あるよ!

  • ●外出を控えめに
    花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃《注:地域によって差があります》)の外出もなるべく控えましょう。
    ●外出時は完全防備
    帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。コートもツルツルした素材を選びましょう。
    ●帰宅時は玄関でシャットアウト
    衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。
    ●帰宅後は洗顔やうがいを
    体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。毎日の習慣として心がけましょう。
    出典 :花粉症対策の基本|花粉症ナビ
     

    こまめの努力も必要となりますね。

  • ●お風呂・シャワーで花粉を流す
    お風呂やシャワーは朝に入るという人もいますが、花粉の時期は寝る前に花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにしましょう。
    出典 :花粉症対策の基本|花粉症ナビ
  • ● 室内に入る花粉を防ぐ
     花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。また、家に入る前には、衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。
    ● 室内での飛散を防ぐ
     スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。
    出典 :花粉症対策、早めがポイント!
  • 【花粉症】・・・病院できっちりと検査を受けよう!

  • Yagoto RedCross News〈日本赤十字社名古屋第二赤十字病院〉[ミニレク ...