歯髄炎が起こる5つの原因と歯髄炎の治療方法まとめ

歯髄炎が起こる5つの原因と歯髄炎の治療方法をまとめました。虫歯でもないのに最近歯が痛む、という人は一度見てみてくださいね。

view1906

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯髄炎が起こる5つの原因

  • 物理的刺激
    外傷などによる歯の物理的損傷や、温熱刺激の他、歯科治療時に発生する切削時の発熱や露髄などが挙げられる。

    化学的刺激
    歯科治療で使われた材料が原因の刺激が多い。

    生物学的刺激
    う蝕が原因のものが歯髄炎の中で最も多い。この他、歯髄に来る血液から細菌が入る血行性の物や、リンパ行性のものもある。

    電気的刺激
    治療によって歯に詰められた異種金属の接触によって発生するガルバニー電流などがある。

    神経性
    神経ペプチドによる刺激がある。
    出典 :歯髄炎 - Wikipedia
  • 最初にまとめて5つ紹介しましたが、続いてひとつずつ見ていきましょう。

  • 物理的刺激による歯髄炎

  • 歯の損傷や温熱刺激・治療の過程で生じる刺激によって起こる

  • 科学的刺激による歯髄炎

  • 歯科治療で使われた材料が原因で起こる

  • 生物学的刺激による歯髄炎

  • 虫歯によって起こる

     

    虫歯の箇所から細菌が入ってしまう場合も

  • 電気的刺激による歯髄炎

  • 虫歯治療で詰めた金属同士が電気反応を起こす歯髄炎

  • 神経性歯髄炎

  • 神経ペプチドによって起こる歯髄炎

     

    神経ペプチドは脳内にある神経伝達物質だそうです。

  • 歯髄炎の治療方法

  • 歯髄炎は、炎症が元の正常な状態に回復する場合(可逆性歯髄炎)は歯髄を除去する必要はありませんが、炎症が正常な状態に回復しない場合(不可逆性歯髄炎)は、根管治療をする必要があり、抜髄と呼ばれます。
    出典 :歯の神経の治療(根管治療)|e-ヘルスネット[情報提供]