生理前の眠気を改善!【原因と対策】

生理前はどれだけ寝ても眠いと言う人は多いはず
その原因と対策をまとめてみました!

view643

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理前の眠気の原因は?

  • 生理前の眠気は、「プロゲステロン」という眠気を引き起こす作用のある黄体ホルモンが多く分泌されることで起こります。

    生理前の眠気の原因を理解するためには、黄体ホルモンが分泌され、眠気を引き起こすまでの流れを理解することが必要です。
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  •  

    生理前は誰だって眠たいですよね
    どうしてもこれは女性の悩みになってきます
    健康な女性でも眠気に襲われて
    病気かと思う程ねてしまうケースもあるようです

  • 黄体ホルモンが分泌される流れは

  • 黄体ホルモンの分泌の流れは、女性の月経の周期と密接に関わっています。ある女性の月経の周期が4週間であった場合、女性の身体の状態は次の2つの状態に分けることができます。

    月経から排卵までの約2週間:「 卵胞期 」
    排卵から月経までの約2週間:「 黄体期 」
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  • 「排卵」を行う目的は受精にあります。そのため、排卵が行われた後の黄体期では、 女性の身体は、受精卵が着床しやすいように子宮内の膜がふかふかの状態になっていき、妊娠しやすい状態になります。この役目を担っているのが、黄体ホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」なのです。
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  •  

    月経前症候群と呼ばれる黄体ホルモンの作用

    ・月経前不眠症
    ・月経関連過眠症
    ・閉経時不眠症

  • 黄体ホルモンの眠気

  • 黄体ホルモンによる眠気は作用にある
    【体温の上昇】
    【催眠作用】

    によって引き起こされる

  • 「体温の上昇」は、卵胞期に比べ、一日の中の最低体温と最高体温の差を小さくします。
    人は体温が下がる時に眠気が起こり、体温が上昇するにつれて覚醒していきます。最低体温と最高体温の差が小さくなることが、睡眠と覚醒の境目を曖昧にすることに繋がり、結果として日中の眠気を引き起こす原因となります。

    「催眠効果」は、プロゲステロンが分解された「アロプロゲステロン」の作用によって引き起こされます。アロプロゲステロンは、脳の「ガンマ・アミノ酪酸」の働きを助けます。ガンマ・アミノ酪酸の作用の一つに催眠効果があるため、プロゲステロンが多く分泌される生理前には強い眠気が起こるのです。プロゲステロンの催眠効果は、一般的な睡眠薬であるベンゾジアゼピン系睡眠薬と同程度の効果を持っていると言われています。
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  •  

    ・下腹部痛
    ・頭痛
    ・イライラ
    ・急な不安
    ・胸の張り

    なども引き起こします

  • 眠気への対処方法

  • 規則正しい生活習慣、生活リズムを身につけるために次の行動を実践してみましょう。

    起床時間は一定にする
    就寝前2時間以降はスマートフォンやPCなどの強い光の刺激を避ける
    運動の習慣を身につける
    朝起床したら太陽の光を20分以上浴びる
    生理前はカフェインを含む飲み物の摂取は避ける:精神的不調を促進する可能性がある
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  • また、睡眠日誌をつけることやサプリメントを利用することも、生理前の眠気の対策の一つとして有効です。
    睡眠日誌を利用する場合は、以下の手順を実行してみて下さい。

    基礎体温の記録をする
    睡眠日誌をつけ、どの程度の周期でどのような眠気が起こるのかを記録する
    基礎体温と睡眠の関係性を理解する
    自分がいつ頃眠気を感じるのかを知っておくことで、不安を軽減できる
    出典 :生理前の眠気を改善しよう!生理前の眠気の原因と対策方法 | iGotit
  •  

    こちらの鉄分もとっておきましょう
    女性ホルモンの活性化を促進します


    以上の事に注意して
    生理前の眠気を対処し
    しっかりとした生活を送りましょう