ふくらはぎの肉離れのリハビリ期間・リハビリメニューに関するまとめ・ふくらはぎならではの注意点

ふくらはぎの肉離れのリハビリでは特別なメニューや注意点があるのでしょうか?
実はふくらはぎの肉離れは、体重がかかりやすいために
肉離れの中でも最も治りにくく再発しやすい部位なのです。

view2209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ふくらはぎの肉離れの特徴とリハビリの注意点

  • ふくらはぎに起こる肉離れでは、ひどい内出血を伴うことがあります。
    また、肉離れの中でも最も再発しやすい部位でもあります。
    出典 :ふくらはぎの肉離れ-【肉離れの症状・治療法ナビ】
     

    ふくらはぎの肉離れは完治までに時間がかかり、再発しやすいものです。

  • 再発を防いだり後遺症に悩まされたりしないようにしっかりと完治させるには、軽症でも実は「3~4週」、重症例では「6週以上」ということもあります。
    出典 :箕山クリニック | コラム
     

    復帰までには上記の時間がかかります。

  • 断裂した筋肉が回復するのを待つのです。程度にもよりますが、2ヶ月ほど固定を維持する必要があります。また、肉離れは著しい筋力低下が起こるため。運動再開には相応の時間が必要になるでしょう。
    出典 :ふくらはぎの肉離れの原因や症状・治療|知っておきたいスポーツでの怪我のこと
  • 受傷後3カ月間程度はリハビリや基礎体力向上のトレーニングのみにとどめることで、再び肉離れを起こす事を避けるようにします。
    出典 :肉離れ
  • リハビリは必ず整形外科医の主治医と相談の上、開始時期とメニューを決めて下さい。
    出典 :ふくらはぎの肉離れをリハビリする場合の期間やメニューについて
     

    ふくらはぎの肉離れのリハビリは自己判断せず、医師や理学療法士などに相談して決めましょう。

  • リハビリテーションのキーポイントは、『急がない、無理しない』。
    リハビリテーションのプログラムを必ず専門家(経験豊富なメディカルトレーナーやスポーツドクター)とこまめにコンタクトをとってすすめる事!
    出典 :ふくらはぎの損傷 - athlete House
     

    また、一度メニューを作ってもらっても継続的に診察を仰ぎましょう。

  • ふくらはぎの肉離れのリハビリの具体例

  • 2週間以上たっているのであれば、塗り薬と入浴して暖めてマッサージを行なうことがよろしいかと思います。ただし、怪我をして2、3日の間は暖めない方がよろしいことを今後のために憶えておいて下さい。
    出典 :足がつる症状と肉離れの違い - 保団連 健康相談サイト
     

    急性期を過ぎると急性期とは逆に暖めると良いと言われています。

  • 理学療法士が推奨する腓腹筋のリハビリトレーニング方法としては、基本的に
    ・カーフレイズ
     を「自重のみ」でまず行い、その後、「軽いジョギング」などへ移行していく流れが通常です。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎのリハビリメニュー】
  • リハビリ & トレーニング 【⑤ カーフレイズ(ヒールレイズ) ―下腿後面(ふくらはぎ)へのアプローチ―】

     

    カーフレイズとはふくらはぎのストレッチのことです。

  • リハビリ期では、リハビリトレーニングと平行して、関節の可動範囲を確保する為にも、十分なストレッチ運動も必要となります。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎのリハビリメニュー】
     

    ふくらはぎの筋肉だけではなく、関節の稼動範囲にも目を向けましょう。

  • ふくらはぎやハムストリングスのストレッチのやり方

     

    ふくらはぎの肉離れを起こすとふくらはぎだけではなく、下肢全体が運動をお休みすることになります。
    そこで、ふくらはぎの肉離れのリハビリにはふくらはぎだけでなく太ももなどのストレッチも必要になります。

  • 私が肉離れを起こした時に、理学療法士の方から教えてもらったのが、入浴時に足を伸ばし、つま先を自分の方に出来るだけ曲げるのを1日30回してください、ということでした。
    出典 :ふくらはぎの肉離れのリハビリ方法 - その他(健康) - 教えて!goo
     

    お風呂でのストレッチは温熱療法とストレッチを同時に行えるのでおすすめです。
    やりすぎないよう気をつけましょう。

  • そして、しばらくの期間ストレッチングを行ったのち、軽い歩行、ランニングと徐々にリハビリ
    ペースをあげていきます。
    出典 :「肉離れ」とは?: 酸素カプセルは呉市の宮迫接骨鍼灸院
  • ふくらはぎの肉離れのリハビリは焦らないことが一番大切です。
    逆に再発を怖がりすぎてトレーニング不足のまま競技に復帰するのも再発につながります。
    怪我の程度や回復具合を見ながら適切なリハビリを行いましょう。