馬油でかぶれる人はいない!?注目されている馬油の効果について

肌のかぶれで悩んでいる人は多いと思いますが、馬油でかぶれる人はほとんどいないと言われています。
最近では、シャンプーやボディソープなど様々なものに馬油が使われています。
では、なぜ馬油は肌がかぶれにくいのでしょうか?

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 馬油の魅力的な効果

  •  

    馬油がなぜこれほどまでに注目されているのかというと、赤ちゃんや子供にも安心して使える成分だからではないでしょうか。
    子供は、大人に比べてあせもや湿疹ができやすいため、ケアも大変なのです。
    そんな時に大活躍するのが馬油です。
    馬油は馬の脂肪からできているため、体に有害なものは入っていません。
    そのため、子供が口に入れてしまっても問題は無いそうです。
    特に赤ちゃんの頃は指をなめることが多いため、馬油を使うママが増えているのです。
    もちろん、デリケートな赤ちゃんの肌に使えるということは大人の肌に使っても問題はありません。子供の頃は汗によるかぶれが多いのに対し、大人になるとストレスによる肌荒れやかぶれが増えてしまいます。
    また、洗剤や植物、金属によって肌がかぶれることもあるでしょう。
    このような時は馬油を塗ることで炎症を抑えることができます。
    子供でも大人でも使えるため、馬油を常備しておくと便利かもしれませんね。

  • 馬油は人の肌と95%同じ成分なので、肌なじみがよく、浸透力がすごい成分です。
    出典 :人の肌に近い馬油のちから | お肌に一番近い天然成分の保湿クリームとは
     

    馬油でかぶれる人はとても少ないと言われています。
    その理由は、人間の肌に近い成分だからです。
    その数値はなんと95%!ほとんど同じ成分と言っても間違いではありません。
    このようなことから、肌の奥深くまで成分が浸透して肌のかぶれを治してくれると言われているのです。
    肌のかぶれだけでなく、女性に多い顔の肌荒れにも効果的です。
    今までどんな化粧水を使っても肌荒れが改善されなかったのに、馬油を使ったらキレイに肌荒れが治ったという人はとても多いのです。
    肌荒れが気になっている人は、馬油でのスキンケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

  •  

    更に、馬油の魅力的な効果はこれだけではありません。
    馬油には、殺菌効果もあるのです。
    そのため、肌に塗ることで雑菌から肌を守ってくれます。
    かぶれた肌はとっても敏感になっているので、馬油を積極的に使いたいですね。
    ただし、馬油は油なので付け過ぎは禁物です。
    ベタベタとした不快な触り心地になるうえ、ホコリが付きやすくなってしまうので注意しましょう。
    馬油を塗るときは、薄く塗るのがポイントです。

  • 馬油でかぶれる人もいる!?

  •  

    前述したように、馬油には魅力的な効果がたくさんあります。
    しかし、中には馬油でかぶれる人もいるようです。
    いくら人間の肌に近い成分とは言っても、絶対にかぶれる心配が無いとは言えないのです。
    そのため、万が一馬油でかぶれる場合には使用を中止しましょう。
    場合によっては、皮膚科で診察を受けることをお勧めします。
    また、馬油が肌に合わないことが原因ではなく、馬油の使い方を間違えていることが原因でかぶれることもあります。
    このようなトラブルは、特に顔のスキンケアに多いようです。
    では、正しい馬油の使い方とは?