排卵痛の症状と解消法

排卵痛の症状と、解消法についてまとめました。参考にして下さい。

view426

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵痛の症状

  • 排卵痛とは、排卵に伴って下腹部(卵巣部分)の左右のどちらか、
    あるいは両側に痛みを伴う症状を言います。
    出典 :排卵痛の症状|排卵日Q&A
     

    排卵は片側でしか行われなくても、痛みは両側に出ることもあるんですね。

  • 排卵痛の症状とは、人によってさまざまです。

    下腹部に激痛が起こる場合や、ほとんど自覚症状がない場合もあるそうです。
    出典 :排卵痛の症状について
  • 排卵痛は一般的に「排卵の約5時間前~排卵後の1時間」が痛みのピークとされています。
    出典 :排卵痛と排卵日の特定
  • 卵巣の働きが低下するとホルモンバランスが崩れて、排卵痛が以前に比べてひどくなる事もあります。排卵痛は出産、または流産の経験がある人が、その後、排卵痛の痛みが急に襲ってきたり、痛みの強さが以前より違ってくるということ事が多いようです。
    出典 :排卵痛の症状と緩和:排卵痛と不妊治療
     

    出産すると、いろんな症状が変わるんですね。

  • その症状が排卵痛と判断するためには

  • 排卵痛かどうかをチェックするためには、基礎体温をつけながら症状が出る時期を記録することが大切。毎月体温が低温期から高温期に移行する辺りで痛みの症状が出ていれば、明らかに排卵痛と診断されます。
    出典 :排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    良くお腹の痛みがある人は、基礎体温と照らし合わせてみるといいですね。実は、排卵痛だったのかもしれません。

  • 排卵日の症状が出るのは、基礎体温の低温期と高温期の境目の一番下がった時と言われています。

    その頃に下腹部が痛くなって排卵痛になるのです。
    出典 :排卵日の症状とは
  • 排卵痛の解消法

  • 治療法は、ピルの投与が一般的です。ピルを飲み、排卵をなくすことで、痛みを緩和します。
    ただし、ピルを飲むのを止めると、元に戻ってしまいます。
    将来、妊娠を希望される場合は、この方法は適していません。となると、とる方法は、体質改善しかありません。
    出典 :排卵痛の漢方 生理痛と異なる排卵時の痛み 伊勢佐木町漢方堂
  • 排卵痛が起こるのも、気血のめぐりの悪さと関係しています。
    この場合は、身体に合った気血をめぐらせる漢方薬を服用することで改善することが出来ます。
    出典 :排卵痛の漢方 生理痛と異なる排卵時の痛み 伊勢佐木町漢方堂
  • 排卵痛の緩和方法として、排卵痛で悩む多くの方が、冷え性などの血行不良が原因の場合が多いため、排卵前から下腹部を中心に温めるだけでも症状が緩和することも多いので試してみるといいと思います。
    出典 :排卵痛の症状と緩和:排卵痛と不妊治療