肺にも良性と悪性の腫瘍がある?肺の良性腫瘍

肺がんにそっくりなのに良性と判断される腫瘍もあるのです☆
そんな良性腫瘍について!

view1360

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺の良性腫瘍は

  • 多い順からあげると、結核腫(けっかくしゅ)、軟骨性過誤腫(なんこつせいかごしゅ)、奇形腫(きけいしゅ)といった、内部がつまった腫瘍と、気管支性嚢腫(きかんしせいのうしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)など、内部が液体の腫瘍です。
    出典 :肺の良性腫瘍 とは - コトバンク
  • これらの腫瘍のなかには、3~4年もかかって、しだいに大きくなるものもありますので、良性とはいえ(結核腫を除いて)いつかは切除する必要があります。肺がんとちがい、内視鏡(気管支鏡)で発生部位の粘膜表面や粘膜下部の細胞を採取して、直接的に診断することが困難なのです。
    出典 :肺の良性腫瘍 とは - コトバンク
     

    すぐには大きくならないものが多いです

  • 安心して放置は出来ない

  • また、X線やCT検査では、肺がんなどの重要な病気と見分けがつかない場合もあります。放置しているとやがてがん化するものもあります。 このような場合には、手術で腫瘍を取るべきとされています。肺の良性腫瘍と診断された場合、大きな心配は不要ですが、注意深い経過観察が重要です。
    出典 :肺腫瘍、肺がん - goo ヘルスケア
  • しかし、発生部位で次第に大きくなることがありますし、腫瘍ができた部位によっては、「せき」や「たん」の原因になったり、気管支を圧迫して肺炎などを起こすことがあります。
    出典 :肺の良性腫瘍とは:知って得する肺がんと名医
  • 診断

  • X線写真だけで肺良性腫瘍と診断することもありますが、専門医の判断が必要です。気管支にできた腫瘍は、気管支鏡と呼ばれる内視鏡で腫瘍細胞の一部を採取して顕微鏡で悪性か良性かを判断します。肺の奥の方にできた腫瘍は、気管支鏡検査の他に、CTやMRなどの断層写真を行って腫瘍の形や中身を評価します。
    出典 :肺の良性腫瘍とは:知って得する肺がんと名医
  • 検査

     

    PETと呼ばれる検査が普及し、1cm以上の大きさの腫瘍であれば、ある程度、良性と悪性の見分けが可能になりました。
    良性腫瘍の治療法は原則的に手術です。
    手術をするのは、周囲圧迫のために呼吸機能が低下したり、特定の場所に肺炎が繰り返し生じる場合などです。
    便利ですよね

  • 比較

  • 肺がんと区別できない場合には手術により診断と治療を同時に行うことがあります。明らかに良性腫瘍であるとわかっている場合で、合併症や高齢などの理由で手術ができない時には、内視鏡の届く場所にできた気管支腫瘍に対して内視鏡で腫瘍を取り除くこともあります。
    出典 :肺の良性腫瘍とは:知って得する肺がんと名医
  •  

    良性腫瘍であることがはっきりしていて、増大傾向がなく、しかも無症状の場合には経過をみるだけで十分です

  • 治療方法

  • 進展型小細胞肺がんの治療成績は不良です。進展型では、病気が広がっているために放射線療法は適しておらず、抗がん薬による化学療法が選択されます。標準的治療法は、シスプラチンとエトポシドの2薬併用、または、シスプラチンとイリノテカンの2薬併用です。
    出典 :肺腫瘍、肺がん - goo ヘルスケア
     

    このような治療があるのですね

  • 非小細胞肺がんの治療は、I、II期のいわゆる早期肺がんでは手術(または手術と抗がん薬の併用療法)が、III期の局所進行期がんでは抗がん薬と手術または抗がん薬と放射線の併用療法が、IV期の進行期がんでは抗がん薬が使用されます。
    出典 :肺腫瘍、肺がん - goo ヘルスケア
     

    薬物治療もあるのでsね