【腹斜筋】を鍛えるとお腹周りがすっきりとします。腹筋が割れて腰にくびれが出来てモテ系体型になります!

トレーニングで【腹斜筋】を鍛えましょう!
【腹斜筋】は外腹斜筋と内腹斜筋とから構成されています。
両方の【腹斜筋】と関連した腹直筋を鍛える事で、あこがれの「くびれ」をゲットできることになります。
「くびれ」ができる事で見た目も若くなり、気持ちの持ち方が良い方向に変わります!

view2234

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【腹斜筋】の働き

  • 腹斜筋は、外腹斜筋と内腹斜筋の2種類から構成されていてるんじゃ。
    外腹斜筋は、肋骨(ろっこつ)の外側から斜めに下に向かって付いている筋肉(図参照)。
    内腹斜筋は、外腹斜筋の下層(内側)にあって骨盤から肋骨に向かって付いている筋肉なんじゃ(図参照)。
    これらは、”腹を斜めに走っている筋肉だから”腹斜筋と言われる。
    また腹斜筋は、腹直筋の動きを助け腹直筋と共に内臓を正しい位置にセットしてくれるコルセットの役目もあるんじゃよ。
    だから、トレーニングする時は腹直筋だけじゃなく腹斜筋もバランスよく鍛えることが肝心じゃな。
    他の筋肉も関係してくるが、キュッと締まったウエストを実現してくれるのも腹斜筋。きちんと鍛えればくびれが手に入るのじゃよ!ワシもくびれができた時は、感動したわい。
    出典 :筋肉の種類と働き-腹斜筋編 - 筋肉論 - 超初心者向け筋トレ方法実践サイト
  • 【腹斜筋】を鍛えるにはどうする?

  • ドローインを意識したツイストクランチ/腹斜筋・腹横筋/体幹トレーニング実践講座 - YouTube

     

    【腹斜筋】の鍛え方は色々あるようです。
    自分に合った方法で行いましょう!

  • 【腹斜筋】をトレーニングするとこんな良い事があります!

  • くびれは勿論!腰痛の防止・改善に役立ちます!

  • 【腹直筋】も鍛えよう!

  • 腹直筋は、どなたでもご存知の筋肉かと思います。『おなか』の中心を鳩尾から恥骨に掛けて走るチョコレートのように分かれている筋肉です。筋肉隆々のヒーローであれば、必ずこの腹直筋の強調が欠かせません。大胸筋と共に、力強いイメージには、必ず強調される筋肉です。この筋肉は、主に体幹を前屈させる筋肉です。従って、手のひらをお臍の辺りに当てて、前屈するように力を入れることで触診できます。この筋肉は、お腹をひきしめる筋肉の一つでもあり、メタボ防止やダイエットの際には、欠かさず強化することが常識です。この他に、腹斜筋や腹横筋を鍛えることも大切です。骨盤の前部繊維は、骨盤底筋と共に腹腔圧を高め、内臓下垂を防止したりすることも可能です。
    出典 :腹直筋(ふくちょくきん)-筋肉.guide
  • 【腹斜筋】の下にあるインナーマッスル【腹横筋】

  • 【腹横筋】は腹をへこます筋肉

     

    腹圧を高める働きもしている。

  • 小島よしおのわれた腹筋・・・あまり見たくないけれど・・・