「お願い!動いてぇ~!」脳を活性化する運動ってありますか!?

実は脳を活性化する運動、あるみたいですよ!
自分の頭なのに「もぉ~!」なんて思ってるあなた。
試してみてはいかがですか?

view425

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳は適度な運動でまだまだ活性化できる

  •  

    体を動かすことで、脳が大きくなることが初めて確認されたのは、2004年のことです。ジャグリングという、大道芸でさまざまな物を空中に投げてはキャッチする技があります。日本でいうお手玉のようなもので、投げた物の動きを予測してキャッチしながら別の物を投げる、という動作はかなり複雑です。これを3つの物で1分間続けて行えるよう、3か月練習をした20代の人の脳がどう変化するかをドイツのレーゲンスブルク大学の研究者が調査しました。その結果、脳の容積が大きくなったことがわかったのです。

    引用)http://wedge.ismedia.jp/articles/-/334

  • 今から“お手玉”で脳を大きくしてみよう!

  • 勉強に運動を取り入れると、以下のような効果が期待できます。

    運動後に勉強すれば、記憶力と集中力が高まる
    運動しながら学習すれば、覚えやすくなる
    勉強してから運動すれば、ストレス解消、息抜きになる
    運動すると脳の血行がよくなり、脳の機能がバージョンアップする

    そのほか、筋トレが趣味になれば気晴らしにもなりますし、受験勉強中に風邪をひいたりしない、強い体になれます。部活もしなくなり、運動不足になりがちな受験勉強中だからこそ、毎日の習慣に運動を取り入れていきましょう!
    出典 :勉強と運動の関係とは?~エクササイズで脳を活性化しよう!
     

    受験勉強にも「運動」効果はあるそうです!

  • 運動をすると脳が喜びます。ドーパミンが分泌され、海馬からシータ波が発生します。脳の血流も増します。そのほか手足からの刺激、全身の筋肉からの刺激が、脳を活性化します。この状態にしてから勉強に取り組むのと、そうでないのとでは、勉強効率が違ってきます。集中力、記憶力、思考力、読解力、理解力が違うのです。
    出典 :勉強と運動の関係とは?~エクササイズで脳を活性化しよう!
     

    運動をすると「脳が喜ぶ」そうです!

  •  

    脳と体の関係は、本当は体ありきなのだ、体という入れ物に入ったことで脳の機能が決まるのだ、というのです。この事を勉強法に応用するとどうなるでしょう。
    勉強は、当然ながら脳を使います。運動は、体を使います。そして人は脳偏重に陥りがち。つまり勉強と運動を相容れない対立する概念として捉えがち、という事になるでしょう。しかし脳は、体と切り離して考えることができない人間の器官の一つ。つまり勉強に向けて脳のフルパワーを発揮したければ、実は脳偏重(=勉強偏重)ではなく、体にも適度な刺激を与えてあげた方が良いのではないか、という考え方が成り立ちます。

    引用)http://www.lec-jp.com/shindanshi/support/ing_study/method13.html

  • どんな「運動」が活性化させるのか?

  • 複雑な指の運動で脳を活性化

     

    人類は直立歩行をすることによって、手の自由を獲得し、脳を高度に発達させる道を歩みました。脳が重くなっても歩行に支障がない姿勢を得たことも、脳の発達を促したと考えられています。ヒトが他の高等哺乳類と決定的に違うのは、10本の指を自在に操ることができることです。指先にはたくさんの神経が集まり、脳に直結しています。そのため指先は「脳のアンテナ」と呼ばれるほどです。その指先の働きをよくすれば、脳を活性化するということは容易に想像できます。

    引用)http://goodbrains.net/lifestile/finger.html

  • 脳によい指先の運動で大切なことは、

    ①両手を同時に使う
    ②指をすばやく動かす
    ③ふだん使わない指の動きをする
    ④指先の皮膚の感覚を鋭敏に保つ
    出典 :複雑な指の運動で脳を活性化
     

    利き手じゃない方を使うってのも良さそう?

  • 今日の脳活性化法は、脳の研究で有名な東北大学の川島教授が以前TVで紹介していた方法です。やり方は次の通りです。

    1)まず、右手の人差し指で目の前の空中に三角形を描きます。
    2)次に、同様に左手の人差し指で四角形を描きます。
    3)「1、2、3。1、2、3」と声に出しながら、1)と2)を同時に行います。

    説明は以上です。 動きは単純ですが、実際にうまく動かすのは結構大変です。
    これを行うと脳の前頭前野が刺激されて活性化されるため、ものの覚えが良くなるそうなので、速読の前に行うと効果が期待できそうです。
    出典 :速読ワンポイントガイド:
     

    う~~・・・むずい!

  • 脳をビンビン刺激する手の体操

  • ●両手ぐるぐる体操

     


    (1)両足を肩幅に開いて立ち、両腕を肩の高さで前に伸ばします。
    (2)両手のひらを前に向けてピンと伸ばします。
    (3)肩から回すように、両手のひらで10センチほどの円を描きます。
    (4)右回し、左回しを10回ずつ、1日3セット行ってください。

    引用)http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f001/0068.html

  • ●羽ばたき体操

     


    (1)いすに座り、頭の後ろで両手を組み、腕を左右いっぱいに開きます。
    (2)次いで、耳の上あたりに手首がくるように両腕を閉じます。
    (3)再び両腕をいっぱいに開きます。
    (4)以上の動作を鳥が羽ばたくようにできるだけ速く、30回を目安に行いましょう。

    引用)http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f001/0068.html

  • ウオーキングやジョギングは、覚せい・情報処理能力(記憶力・理解力)・注意力や集中力、意欲向上などに効果的。移動によって周りの景色が変化することで、多種多様な視覚情報が脳にインプットされて脳が活性化し、新しいアイデアなども生まれてきます。「散歩中にアイデアがひらめいた」という哲学者や科学者の逸話は昔から多くありますが、科学的にも根拠のあるエピソードなのですね。
    出典 :TEPORE | 【TEPOREトクトクコラム Vol.343】脳を活性化させる日常の簡単トレーニング
     

    散歩中に色々とひらめいた!って人は多いって聞いたことあります。

  • その他、リズミカルな運動も良いそうですよ♪
    是非、試してみてください!