妊娠初期に必要とさせれる【葉酸】とはなに?

葉酸ってことば、聞いたことあります? 妊娠初期に必要とされるらしいんだけど、実は良くわからない、という方のために説明します。

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 葉酸ってなに?

  • 胎児の細胞の発達が目覚しい妊娠初期の過ごし方がとても大切なのだが、この時期に神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するために大切な役割を担っているのが「葉酸」なのである。
    出典 :妊娠中の女性にはとくに大切!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    葉酸というのは、元気な赤ちゃんを産むために必要な栄養素なのです。

  • 水溶性のビタミンB群の一種です。
    謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。特に、核酸とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出すところ。いわば、生命の根幹です。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    妊娠初期に必要、というより、特に妊娠初期に足りていないと大変なことになってしまうものです。

  • 葉酸を摂取していないとどうなるの?

  • 胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週~12週)においては、先天性の疾患をまねく危険があり、特に、「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    赤ちゃんの細胞分裂がうまくいかず、障がいのある子どもになってしまう場合も。

  • また、授乳期においては、赤ちゃんの発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    そうなんです、葉酸は特に妊娠初期に必要な栄養ですが、その前にも、その後にも積極的に摂取しておくべき栄養の一つ。

  • 一日にどれくらいとるべき?あと、とり過ぎちゃったらどうするの?

  • 妊娠する1ヵ月前から妊娠12週まで葉酸を1日400μg摂取すれば、神経管閉鎖障害児の出生リスクを70%軽減することができるとも言われている
    また、授乳期の女性は280μg必要だと言われている。
    出典 :妊娠中の女性にはとくに大切!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    一日400μgというと、成人の2倍量です。けっこうしっかり摂取しないといけません。

  • 葉酸の過剰摂取による疾患は認められていません。
    たとえ、必要摂取量を多少オーバーしてしまっても、葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰分は尿の中に排出されてしまいます。
    敏感にならず、積極的に摂取することが大切です。
    出典 :葉酸とは | 葉酸と母子の健康を考える会
     

    水溶性ビタミンということは、体内にとどまらずすぐに排出されてしまうということ。だから、とりすぎに注意する必要はありません。

  • 葉酸って、どうやって摂取するの?

  • おすすめなのは足りない栄養素を手軽に補給できるサプリメントです。
    出典 :サプリメントで葉酸を摂取する | 葉酸の摂取方法
     

    むしろ、葉酸はサプリでしかとったことがないという方もいるくらいです。

  • 葉酸は、野菜の多くに含まれています。また、豆類や藻類にも多く含まれています。
    [葉酸を摂ることのできる食品]

    ほうれん草・小松菜・ブロッコリーなどの緑黄色野菜、豆類、レバー、のり、茶葉(抹茶、玉露)、
    出典 :葉酸|葉酸の効果・葉酸を含む食べ物 - 食品の栄養成分
     

    じつは、食べ物からでも摂取できます。ご飯が食べられる間は、積極的にこうしたものを食べましょう。

  • 大切な赤ちゃんを、妊娠中の栄養不足で神経障害などで産んでしまうのは、嬉しいことではありません。新しい命を授かったら、こうした栄養にも気を配りましょう。