スキンケア・メイクのちょっとしたコツ ♪

高いスキンケア用品を使ってもなかなか効果が出ない・・・
そんな事はありませんか?
ちょっとしたコツをつかめば、効果が出ます!

view326

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌の状態で差が出る!?

  • 同じスキンケア用品や化粧品を使っていても、
    肌の状態に大きな差が出てくることは少なく
    ありません。
    もちろん、人それぞれに肌質の差があるので、
    他人同士の比較である程度の差が出るのは
    不思議なことではありませんが、それだけじゃないんです。

    実はあなたの毎日のスキンケアやお化粧が、
    せっかくの効果をダメにしてしてまっている
    かもしれないんですよ。
    出典 :同じものを使っても差が出る?スキンケア・お化粧のちょっとしたコツ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    いくら良い化粧品を使っても

    効果が出ないともったいないですよね・・・

  • 「パパッと手早く」やるのはもったいない!

  • 「時間をかけようがかけまいが、肌につける量は同じ
    なんだし、変わらないでしょ?」と思われるかも
    しれません。
    でも実はそうじゃないんですよ。
    忙しいから、といつも短時間でスキンケアやお化粧を
    している人は、よく見るとその手順もかなり
    雑・乱暴になっていることが多いんです。
    丁寧にスキンケアやお化粧をしていると、
    それらが肌にもキレイに行き渡りますが、急いでやる人は
    「早くつけようとして肌をこする」
    「ちゃんとついていないポイントがある」などという
    状態になりがちなんですよ。
    出典 :同じものを使っても差が出る?スキンケア・お化粧のちょっとしたコツ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    丁寧にスキンケアする事が

    重要なのですね!!

  • 丁寧にスキンケアやメイクをしよう!

  • たとえば、化粧水や美容液が肌になじまないうちに
    クリームをすりこんでしまう、なんてことも
    少なくありませんね。
    肌になじませるためのパッティングでも、
    バシバシとまるで軽い張り手のように
    やっている人もいますし(汗)。
    丁寧にスキンケアやお化粧をやっても、
    かかる時間はほんの数分しか変わりません。
    だったら、しっかりと効果を出すために、
    丁寧にやった方がいいと思いませんか?
    出典 :同じものを使っても差が出る?スキンケア・お化粧のちょっとしたコツ | 美肌マニアの美容情報
  • 決められた使用量・手順をきちんと守る
    肌を擦らず、丁寧に優しく行う
    出典 :徹底的にニキビ跡を治す方法!正しく丁寧なスキンケアが基本 - ガールズSlism
  •  

    これだけでメイクの仕上がりが

    全然違ってくるのですね♪

  • スキンケア用品・化粧品の力を「信じる」ことも大切!

  • 雑なスキンケアやお化粧をしているために
    ちゃんとした効果が得られない日が続くと、
    「あ~、この商品もダメだ~」って思っちゃいますよね。
    でもこれも、効果を落としてしまう要因のひとつなんです。
    人間には「思い込みによる効果」を出すという
    メカニズムもあるんですよ
    出典 :同じものを使っても差が出る?スキンケア・お化粧のちょっとしたコツ | 美肌マニアの美容情報
  • プラシーボ効果の「プラシーボ」とは偽薬のこと。プラシーボ効果は薬でも無いはずの物を飲んだのに薬を飲んだ時と同じように症状が回復することなどを意味する。
    また、広義には薬(偽薬)の投与のみならず、実際には効果の無いはずの治療を施すことによってよい効果が現れること全般を指す。痛み、下痢、不眠などの症状については効果が出やすいとされるが、実際にどの程度効果があるか、実際の治療として用いるべきかどうかは研究者の間でも見解が分かれる。
    出典 :プラシーボ効果とは (プラシーボコウカとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
     

    これが信じる力の効果です

  •  

    確かに効果がないと、つい別の

    商品を購入してしまいますね・・・

  • 化粧品メーカーが行った実験結果!

  • 中身がまったく同じ商品のパッケージだけを替え、
    「Aは○円・Bは△円・Cは×円」と、それぞれ違う
    価格の商品だと紹介した上で、どれが一番効果を
    感じたか、アンケートをとる実験をしました。
    その結果、アンケートで一番高評価を得たのは、
    高価格がつけられたものだったんです。
    中身は他のものとまったく同じなのに、ですよ。
    「高いんだからその分、いいもののはず」という
    思い込みが、こうした結果を生んだと言われています。
    ですからあなたも、今使っているスキンケア用品や
    化粧品を「どうせダメ」と思っちゃかわいそうです。
    出典 :同じものを使っても差が出る?スキンケア・お化粧のちょっとしたコツ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    「今までは私のやり方が悪かっただけ、

    この商品自体はいいもの!」と自分に

    言い聞かせてから、丁寧なスキンケア、

    メイクを心がけてみて下さい。