妊娠中食べるのNGなモノのまとめ

胎児のために栄養を付けたいところですが、食べるのを避けた方がよいものがあります。今回はそういうものをまとめてみました。

view2425

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【アルコール】

    お腹の赤ちゃんはまだ肝臓が未熟なため、アルコール処理能力がありません。
    言わずもがなですが、アルコール摂取は先天異常の大きな原因として知られています。
    また流産率を倍増させ、赤ちゃんのの出生時体重が2000g以下と標準よりもかなり
    少なくなります。
    その為健康に成長せず、出生後死亡する確率も高いのです。
    その他、成長してから反社会的行動や注意欠陥障害などの、重大な行動障害が生じる
    ことがあります。

    胎児アルコール症候群は、妊婦の飲酒によって生じる最も重い障害です。
    この障害は発育不全、顔つきの異常、小頭症(おそらく脳の発育不全が原因)、
    小眼球症、中枢神経の問題から精神発達遅や行動発達の異常などがみられます。
    関節の位置や機能の異常、心臓の先天異常がみられることも。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
     

    我慢しましょう。それだけです。

  •  

    出産するまでの我慢です。我が子のために飲まないようにしましょう。

  • インスタントラーメン、カップルードルNGです!
    脂の塊で良い事ありません。どうしても麺類が食べたいなら
    うどんで。
    出典 :妊娠中に絶対食べてはいけない物&食べたほうが良い物は?(1/2) | 妊娠のQ&A【OKWave】
     

    普通の時でもあんまり連続して食べてはダメと言われてますもんね。でも美味しいですよね。

  •  

    美味しいけど、胎児のために控えましょう。

  • 洋菓子は脂肪分・糖分たっぷり。スナック菓子は高カロリーです。基本的には避けた方がいいでしょう。

    しかし「ガマンするとストレスが溜まるし、どうしても甘味を」というときは、油分の少ない和菓子、または果物や甘みのある野菜のほうがおすすめです。

    とはいっても食べすぎは禁物ですよ。
    出典 :食べてはいけないモノや禁止事項 | @安産のためのマタニティガイド マタニティヨガや胎教のはじめ方
     

    お菓子は種類を考えて食べましょう。

  • お寿司は、シャリのすし酢に塩分と糖分が含まれ、しょうゆを付けて食べる上に、野菜が取れないから控えてね。って、言われました。

    控えてね。って程度なので、食べに行って平気ですよ。

    水銀は、金目鯛やカジキの料理は週1日以上にしないでね。と、言われました。

    妊娠初期に水銀を多く摂取してしまうと、流産しやすくなるそうです。
    出典 :妊娠中ってお寿司食べたらダメなんですか?!初めて病院に行った時にたしか生肉は... - Yahoo!知恵袋
     

    水銀は怖いですからね。

  •  

    まあ、あんまり食べる機会はないので、そんなに心配する必要はないと思いますが。

  • コーヒーは産婦人科によっては色々言われると思いますが
    食後に一杯、は良いというのが基本でした(と言うことは
    一日三杯)産婦人科の指示に従うのがいいと思います
    魚もじゃこはいいのですが、そのまま食べるのは塩分たっぷりなので
    一旦湯通しして食べて下さい。
    出典 :妊娠中に絶対食べてはいけない物&食べたほうが良い物は? - 妊娠 - 教えて!goo
     

    カフェインは見解がわかれていますね。でもとり過ぎは厳禁です。

  •  

    お医者さんによっては飲むのを推奨されています。

  • 【ウナギ、レバー(ビタミンA)】

    ウナギ、レバーなどの臓物類に多量に含まれている動物性ビタミンA。
    その中でもレチノールという脂溶性ビタミンがあり、これは体内に蓄積されて
    しまうため、気をつけないと、その蓄積が胎児に先天性奇形を起こしたりと
    悪影響を与えます。
    日本では、ウナギ、レバーは食べなさいと指導されますが、
    ヨーロッパ、特にフランスを中心に、レバーは妊娠中は決して食べないように
    と産婦人科医から指導を受けるそうです。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
     

    レバーは外国では食べてはダメって指導されているのですね。

  •  

    国によって意見が異なるのですね。

  • サプリメント

    何が問題になるの?

    ビタミンA、ビタミンDなど脂溶性ビタミンの過剰摂取…ビタミンAは胎児の形態異常が、ビタミンDは腎臓障害の可能性が。
    ミネラルのバランスがくずれる…特定のミネラルの多量摂取で、ほかのものが排出されてしまいます。
    1日の許容量は、ビタミンA 1500μg、ビタミンD 50μg

    とり過ぎで逆効果になることも

    ビタミンは食事からとるのが基本。栄養士に相談して、どうしても食事で補えないものだけ活用を。ほかにビタミンAやDを含む食品を食べると、許容量を超えるので注意。
    出典 :選び方、食べ方でクリアしよう妊娠中に不安な食べ物 【4】 - gooベビー
     

    許容量を超えないようにしましょう。

  •  

    取ってはダメという訳ではないですが、とり過ぎは返って害となります。

  • ●豆乳

    豆乳は飲んではいけないわけではありません。
    ただし、過剰摂取は遺伝子異常を起こす場合があるという説もあります。
    日本人は普段から納豆や味噌汁、お豆腐などから大豆イソフラボンを摂取しているので、
    さらに摂取する必要はあまりないようです。
    出典 :ママテラス | 妊婦さんが食べちゃだめな食べ物って?
     

    これも取り過ぎてはダメという訳ですね。

  •  

    豆類は他のもので充分に取っているので、これはほどほどに。