不眠症になると思われる原因とは?

不眠症になると思われる原因について、解説していきたいと思います。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症って何?

  • 誰しも「眠ろうとしてもどうしても眠れない」という不眠体験をもっています。心配事がある時・試験前日・旅行先などさまざまな原因がありますが、通常は数日から数週のうちにまた眠れるようになります。
    出典 :不眠症 | e-ヘルスネット 情報提供
  • しかし時には不眠が改善せず1ヶ月以上にわたって続く場合があります。不眠が続くと日中にさまざまな不調が出現するようになります。倦怠感・意欲低下・集中力低下・抑うつ・頭重・めまい・食欲不振など多岐にわたります。
    出典 :不眠症 | e-ヘルスネット 情報提供
  • 長期間続く不眠の症状と不調があれば、不眠症

  • このように「1. 長期間にわたり夜間の不眠が続き」「2. 日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」、このふたつが認められたとき不眠症と診断されます。
    出典 :不眠症 | e-ヘルスネット 情報提供
  • 不眠症の治療

  • 不眠症の治療は、お薬による治療ばかりではありません。間違った睡眠習慣を改めることや、眠りに対するこだわりや不安を解消することも大切です。
    出典 :不眠症の治療とは? | 体内時計.jp
  • 体の病気や心の病気が眠れない原因になっているとしたら、まずはその治療が必要です。
    出典 :不眠症の治療とは? | 体内時計.jp
  • 不眠の原因とは?

  • 不眠の原因―5つのP

  •  

    高血圧や心臓病(胸苦しさ)・呼吸器疾患(咳・発作)・腎臓病・前立腺肥大(頻尿)・糖尿病・関節リウマチ(痛み)・アレルギー疾患(かゆみ)・脳出血や脳梗塞などさまざまなからだの病気で不眠が生じます。また睡眠時無呼吸症候群やムズムズ脚症候群(レストレスレッグス症候群)など、睡眠に伴って呼吸異常や四肢の異常運動が出現するために睡眠が妨げられる場合も珍しくありません。
    不眠そのものより背後にある病気の治療が先決です。原因となっている症状がとれれば、不眠はおのずと消失します。

  • ●生理学的不眠(Physiologic)

  • 交替制勤務や時差などによって体内リズムが乱れると不眠を招きます。現代は24時間社会といわれるほどで昼と夜の区別がなくなってきていますから、どうしても睡眠リズムが狂いがちです。
    出典 :不眠症 | e-ヘルスネット 情報提供
  • ●心理学的不眠(Psychologic)

  •  

    ストレスと緊張はやすらかな眠りを妨げます。神経質で生真面目な性格の人はストレスをより強く感じ、不眠にこだわりやすく、不眠症になりやすいようです。

  • ●精神疾患に伴うもの(Psychiatric)

  • ●薬理学的不眠(Pharmacologic)