キュっと引き締めると若く見えるポイントって?

キュっと引き締めるのは・・・そう!「歯茎」正解です!
歯茎を引き締めることで、若く見えるそうですよ♪
笑顔にも自信が持てるようになるし、これはチャンス!
その方法、みてみましょう。

view1076

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「女性の見た目印象と口元」に関する意識調査を実施

     

    ■調査結果のポイント
    1)女性が同性を見る際に残念に思えたり印象が悪くなることがあるパーツの1位は「歯や歯ぐき」(46.0%)、2位は「髪」(29.7%)

    「残念に思えたり、印象が悪くなることがあるパーツ」については“歯や歯ぐき”(46.0%)が1位でした。そのほか、話しているときに思わず見てしまうパーツでは“口・口元”も半数近くいるなど、口周り(口元、歯や歯ぐき)は見た目の印象に大きな影響を与えることがわかりました。

    引用)http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2012_02/130328_01.htm

  • なるほど~・・・これは同姓の顔を見てって意識調査の結果だそうですが、やはり口元に目がいくってことみたいですね。

  • 「歯茎」を健康に保つためには

  • 唾液ってそういう意味でも大切だったんですね~。

  • ■歯ぐきにも血行促進が必要

    歯科衛生士の北原文子先生によると、歯周病や加齢によって痩せてくる歯ぐきは、温度が低くなるそう。口の中は通常37℃ほどありますが、具合の悪い歯茎は低温で老廃物がたまってしまうのだそうです。肩こりも血流が悪くなるとひどくなるのと同じで、歯ぐきにも適切なマッサージが必要とか。
    出典 :見た目年齢に差が!アソコをキュっと締めて若返るマッサージ法(美レンジャー) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - ライブドアニュース
     

    口の中って、ちょっと温度が高いんですね。血行が悪いのも原因?

  • 口の中の「エイジングケア」

  •  





     ◆食事中は、じゅうぶん水分をとろう!

  • 「唾液の多い人は虫歯になりにくいんです。唾液には自浄作用があり、プラーク(歯垢)の原因となる食べかすを流す働きがあります。唾液は、サラサラ質と粘着質の2タイプありますが、お口の中に残った食べものを流すのはサラサラした唾液。40代以降は唾液が減少し、粘着質になる傾向にあるので、水分でお口を潤してサラサラの唾液を保ちましょう」
    出典 :歯と歯茎にもエイジングケアしてますか? 40代になったら心がけたい「健口美人」になるコツと習慣 - キャリア女性に役立つサイト|cafeglobe
     

    食事中はお水はダメ!なんて良く言いますが、歯茎のためには飲んだ方が良いってことですね♪

  • お風呂タイムに習慣づけると良いそうです!

  • ◆食後は必ずすぐにお口をゆすぐべし!

     

    プラークをコントロールするには、歯磨きがベスト。もし、時間がとれない場合は、食事を終えたらすぐに、お口を水でゆすぎましょう。「お口で風船を作るようにふくらませて、歯と歯茎全体にいきわたるようにグチュグチュして吐き出します。水でゆすぐだけでも違いますよ。お口の中の殺菌を促すコンクールFやリステリンなどの洗口液を持ち歩き、食後に使うのもいいですね。その場合は3分以上、しっかりゆすぎましょう」

    引用)http://www.cafeglobe.com/2013/04/028914antiaging_dental_care.html

  • 年を取れば、歯茎もそれなりに下がってきます。
    でも、普段のケアでできるだけ若々しく保っていきましょう!