妊娠中食べてはいけないものってなに?

妊娠中に食べてはいけないものをわかりやすくまとめましたのでご紹介致します!

view1379

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マグロ、キンメダイ、メカジキ、サメ、鯨類

  • 水銀を含有している可能性があり、胎盤から胎児に移行して蓄積するので、摂取しすぎると胎児の神経発達に影響があるとされています。
    出典 :妊娠中に食べてはいけないもの(世界の妊婦編) | nanapi [ナナピ]
  • 週に1回60~80g程度に留める、といった工夫が必要です。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  • 生魚も注意したほうが良さそうですね。

  • 高タンパク食品(卵・牛乳・大豆・豚肉など)

  • これは、食べ過ぎると胎児がアレルギー体質になりやすくなったり、おっぱいがつまりやすくなるなどという理由です。
    出典 :妊娠中に食べてはいけないもの(世界の妊婦編) | nanapi [ナナピ]
  • アロエ

  • アロエに含まれているアロインやアロエエモディンという成分は子宮収縮作用があるので、流産・早産などの原因になります。ただし、アロエベラから一般的な製品になっているものについては全て、法律上定められているのでアロインは除去されてあります。なので市販品は問題ありませんが、自分で育てているアロエの葉をそのまま食べるようなことは避けましょう。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  • キダチアロエ

     

    妊婦の場合は食べ物にはかなり注意されていると思います。そして、キダチアロエは要注意に食べ物になります。これは、アロエに含まれる成分に子宮を収縮させる成分が含まれていることが原因です。つまり、最悪の場合に、早産や流産に至ってしまうのです。ただ、これはあくまで最悪の話であってほとんどのケースでは問題ないそうです。

    出典:http://www.choice-club.com/archives/57

  • アロエベラ

     

    皮をはいでゲルだけを食べるアロエベラはどうなのでしょうか?こちらは、ゲルには子宮を収縮させる成分は含まれていないので全くと言っていいほど問題ありません。それでも、もし何かあると恐いのでこちらのアロエベラの皮をはいだゲルもオススメしていないケースが多いのです。アロエベラのゲルで早産や流産が起きる確率は相当低いと思われます。

    出典:http://www.choice-club.com/archives/57

  • 出産が終わってからは是非アロエジュースをどんどん飲んで母乳作りに役立ててもらいたいです。
    出典 :妊婦は食べてはいけないキダチアロエ
  • パセリ

  • 子宮刺激作用があるので、パセリ全般を妊娠中に食べることは、あまりおすすめできません。ロシアでは「流産させるために食べる」とまで言われている位の食材です。パスタにみじん切りでふりかけられている程度の少量は問題ありませんが、多量摂取については、控えた方が良いかと思われます。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  • パセリには、解毒効果があるとされており、妊娠中に食べることによって、流産につながると考えられている。ヨーロッパでは、妊娠中にパセリを食べない国は多い。
    出典 :あなたは知ってる?お国別「妊娠中に食べてはいけないもの」 妊活・卵活ニュース
  • 人工甘味料

  • 人工甘味料のアスパルテームは妊娠初期に特に有害で、胎児の脳の発育に影響します。その有害性は胎児だけでなく、ラット実験では脳腫瘍発生、乳幼児の脳の発育にも影響し、脳神経障害、発ガン性、ポリープ発生、目に奇形、生殖障害、血液・内蔵異常などの懸念もされています。フェニルケトン尿症やその保因者にも有害で、この新生児が摂取すると脳障害を起こす恐れがあります。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  • アスパルテームとは?

     

    アスパルテームはアスパラギン酸とフェニルアラニンという、タンパク質をつくるアミノ酸からできている低カロリーの甘味料です。甘さが砂糖の約200倍あるため、砂糖と同様の甘さにするのに使う量が少なくてすみます。

    出典:http://faq.cocacola.co.jp/detail2.asp?baID=16&FAQID=11

  • 市販のジュースなどの飲料、ヨーグルトにも結構入っていますので気を付けましょう。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  • ダイエットジュース等、飲む前にまずは食品表示をしっかり見て摂取するものを選んでいきたいですね。近年で危険ということでネット上でも有名ですがアスパルテームはやはり要注意です!

  • カフェイン

  • カフェインは精神的に落ち着くなどの効能があります。 大人であれば体外に排出できますが、胎児は体にカフェインが残ってしまいます。流産、死産のリスクが高まる恐れがあるので、コーヒー好きの妊婦さんは、ノンカフェインコーヒーを飲みましょう。
    出典 :妊婦が食べてはいけない食事@これからママになる方へ
  • 栄養ドリンク

     

    あまり知られていないようですが、栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。また甘味料も多く使われているため、カロリーも気になるところです。たまに飲むくらいなら問題はありませんが、日常的に飲む事は避けましょう。

    出典:http://www.babys-room.net/column/ikuzi/ninshincolumn2.html

  • 普段無意識で飲んでいるカフェイン類…妊娠中は少しでも控えるとなると常に意識してしまいますが、赤ちゃんのためにそこはぐっと我慢です。