赤ちゃんが発熱、さて?

発熱したらどうする? よくあるその症状ですが、当然、放置しておくわけにはいきません。その対処について、まとめ考えてみます。

view604

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、赤ちゃんの体温測定のやり方

  • 脇と耳で測る方法、2種類あります。

     

    正確に体温を測る方法を覚えておきたいところ

  • 4つの時間帯の平熱を測る

    お子さんの体温が37℃を超えると、もう心配するお母さんがいらっしゃいます。しかし、熱が出た程度を判断するには、その人の平熱を知らなければわかりません。つまり同じ37.5℃の熱が出たとしても、平熱が36.5℃の人の場合は平熱より1℃高いのですが、平熱が37.2℃の人では0.3℃しか高くなっていないということになります。ふだんから平熱を測っていれば、どの程度の発熱かがわかって、迷うことはありませんね。
    では平熱はどのように測ればいいのでしょう。体温は1日のうちでも1℃以内程度の変動があり、午前4時ごろが最も低く、午後から夕方にかけて高い状態になります。したがって、平熱はひとつではなく、時間帯によって異なるのです。平熱の測り方は、起床時、午前、午後、夜の計4回体温を測り、時間帯ごとの平熱としておぼえておくのがいいでしょう。食後すぐは体温が上がりますから、食前や食間に検温するのが適切です。また平熱の測定は1日だけでなく、日を置いて何回か測ってみましょう。なお、感染症法では、37.5℃以上を「発熱」、38.0℃以上を「高熱」に分類しています。
    出典 :基礎編|子どもの発熱Q&A|発熱したら|テルモ体温研究所
     

    1日の間で体温が変化することについての説明です。

  • 赤ちゃんの体温は何度が適正?

  • 赤ちゃんの体温

     

    大人と同じだと思っている人、いませんか?

  • 生まれたての新生児の正常体温は、36.7~37.5℃、乳児になると36.5~37.3℃です。大人の正常体温は、36.3~37.0℃なので、赤ちゃんのほうが体温は高めになっています。ですから、37.0℃以上でも37.5℃を超えず、元気ならば、とくに心配はいりません。
    出典 :赤ちゃんの正常体温
     

    大人と同じではないのです。

  • 子どもは風邪をひき、熱を出したりしながら、丈夫な体を獲得していきますが、生まれたばかりの赤ちゃんの熱は気をつけなければならないことがあります。

     赤ちゃんは胎内にいるときにママから免疫をもらっています。また母乳を飲んでいれば母乳からも免疫をもらっているので、病気になりにくいといえます。

    それでも家族が風邪をひくなどしていると、うつる可能性はあります。

     免疫がある(はず)の、生後3ヶ月頃までの赤ちゃんが38℃以上の熱を出した場合、免疫だけでは対抗できない病気である可能性を考慮して、ほぼ入院となります。

    38℃に達していなくても、普段と様子が違って、食欲がなく母乳等を飲まない、元気がない、おう吐、下痢等、熱以外の症状を伴う場合は受診した方が良いでしょう。
    出典 :赤ちゃんの体調変化 体温
     

    特に生まれたばかりのころは注意が必要です。

  • 赤ちゃんが発熱、さてどうしたらいいのでしょうか?

  • 間違いなく発熱している!

     

    慌てず、冷静になりましょう!

  • 勝手な思い込みで素人判断せず、様々な可能性を考えたうえで、病院に連れて行きましょう。
    そのための様々なサイトをご紹介。

  • 最後に、逆に低体温の場合

  • 発熱より低体温の方が恐ろしいと考える人もいるぐらいですから、注意しましょう。