騙されないように!フードファディズムを学ぼう☆

美容や健康に与える影響を過剰に評価する!
そんな事があるのが現状なのです☆

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フードファディズム

  • フードファディズムとは、食べ物または栄養が健康や美容に与える影響を過剰に評価することである。
    出典 :フードファディズム | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • 「この食品は太りやすいから食べない」「この食品は脂肪を燃焼させる効果があるから積極的に摂取する」といった、何らかの情報を信じて、特定の食品の摂取を心がけたり、食品の摂取を控えるようにするのも、フードファディズムによるものである。
    出典 :フードファディズム | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    全てが真実ではないのです!

  • メディアと影響

  • フードファディズムは、テレビやインターネットなどのメディアの影響を受けやすいとされている。テレビ番組で紹介されたことがきっかけで、その食品が売り切れて手に入らなくなるほどのブームとなる場合もある。
    出典 :フードファディズム | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    現在では色々な情報を手に入れやすくなりました

  • 栄養

     

    フードファディズムの影響で、過度に偏った食生活になってしまうと、栄養バランスが崩れて、反対に健康に悪影響を及ぼしてしまう場合もあるようです!
    ダイエット効果や美容効果があるかのように表示している商品も少なくないため、栄養成分表示を確認することが大切であるとされています!

  • アメリカでは

  • 米では、日本とは少し意味合いが異なり、「信念があって、偏食する」という意味から、"ベジタリアン"、"拒食症"、"新興宗教"による偏食まで、この"フ ードファディズム"に含まれているそうです。
    日本では"フードファディズム"に関する色々なブームが・・・
    出典 :フードファディズムとは?
  • 「βカロチン」「オレイン酸」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」「クロレラ」「有機野菜」「無農薬野菜」「天然酵母」「有精卵」「プロポリス」「オリー ブオイル」「黒酢」「黒砂糖」「食物繊維」「ポリフェノール」「カプサイシン」「イソフラボン」「カプサイシン」「カテキン」「オリゴ糖」・・・
    出典 :フードファディズムとは?
     

    こんなブームがありますよね・・・

  • 教育現場も混乱

  • 雑多な情報が錯綜する現状は、場合によっては栄養指導や食生活教育を混乱させている。適切な食生活を営むために必要な知識や技能を学ぶ食生活教育は非常に地味な領域である。食と健康が密接に関わることは事実であるが、特定の食べものが体をすぐにどうこうするという話ではない。
    出典 :食の専門家から11月
  • 長い間の食生活の善し悪しが、これまたゆっくりと時間をかけて健康に反映されていくのであって、今日食べた「体によい(悪い)食品」が、明日の健康状態を直ちにどうこうするわけではない。食べたものによってすぐに悪影響が生じるのは有毒物質が混入されているとか、食中毒のような場合に限られる。
    出典 :食の専門家から11月
  • 具体的な被害例

  • 具体的な被害が出た「白インゲン豆ダイエット」(158人に下痢や嘔吐などの症状が現れ、30人が入院)にくらべれば、単に好きでもない納豆を買い込みすぎたといった程度の被害(?)しか出ていない訳で、“あるある大事件”などは可愛らしいフードファディズムの帰結にすぎません。
    出典 :フードファディズム
     

    大問題になりましたね

  • 効果

     

    何らかの効果を期待して、知らず知らずにマスコミに踊らされているような人は自分のことで頭がいっぱいなのでしょうが、そのような狭い視野では健康情報に振り回されるだけで、かえって大切なものを見失い、自らの首を絞めることにもつながりかねないことだけは頭に入れておくべきですね!!