知らなきゃ危険?!E型肝炎の原因と予防方法とは?

現在ウイルスが原因とされる肝炎には、A型、B型、C型、D型、E型、G型等があります。

このうち、E型肝炎の原因は経口感染する急性肝炎で、主に発展途上国で散発的に発生している疾患です。

  • pocca 更新日:2014/10/31

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • E型肺炎の原因を知れば怖くない!

  • 静かなる臓器…肝臓…とても大切な役割の臓器。

  • 肝臓の位置

     

    胃の右上くらいに位置する肝臓。盛り上がっていたり、抑えてみて痛みを感じるようなら、肝臓に何らかの問題があるかもしれません。

  • 肝臓に問題があるときの症状とは?

  • 顔や手のひらが黄色くなる。。。

  • 自律神経が不安定になり不眠症になる。。。

  • 肝臓に悪影響を与えるものとは?

  •  

    抗生物質・鎮痛・鎮静剤などは肝臓悪影響を与える可能性があります。

    また、アルコールや脂っこい食べ物も、肝臓によくありません。

  • E型肝炎の原因は?

  • 潜伏期間は。。。2週間~2ヶ月くらい。

  • E型肝炎の主な原因は、人畜共通感染症。

  • 予防方法は、衛生的な食事と食糧確保、供給。

  • E型肝炎の症状とは?

  • ウイルスに感染してから、15~50日くらいの症状のない期間があり、

    急な発熱や全身のだるさ、食欲不振や吐き気・嘔吐が見られます。

    数日後に黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が出てきたら、可能性が高いかも?

  • 治療方法は?

  • 特別な治療方法はなく、症状に応じた治療が行われるようです。

  • 大切なのは、予防!!

  • 衛生的な環境で衛生的で加熱した食物を食べることで感染は大幅に防ぐことができます。