妊娠中に避けるべきハーブは?

view1187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中にカフェインはダメなので、ハーブティーを飲む方も多いと思います。でも、妊娠中に飲んではいけないハーブもあります。ブレンドされたハーブティーに入っていることもあるので、注意してみてください。

  • 妊娠中にハーブティーを飲む人が多い

  •  
     

    コーヒーや紅茶などのカフェインが入っている飲み物の代わりにハーブティーを飲む妊婦さんが多いです。

  •  
  •  
  •  
  • でも、注意して?!

     
     

    妊娠中には飲んではいけない、避けた方がいいハーブがあるんです。

  • どうして妊娠中に飲んではいけないハーブがあるの?

  • ハーブは身体によいけれども・・・

     
     

    ハーブによっては、女性ホルモンに作用してお産を促しやすい可能性があるものや、お腹をゆるくさせてしまう作用があるもの、子宮を収縮させてしまうものや、流産を誘発するもの、胎児に悪影響を与えてしまうものなどもあるんです。

  •  
  •  
  •  
  • 妊娠中に避けた方がよいハーブ

  • ペニーロイヤルミント

     
     

    強い子宮収縮作用があります。昔は中絶薬として使われていた歴史があります。流産の危険や、大量摂取した場合は命の危険もありますので絶対に飲まないように気を付けましょう。

  • セージ類

     
     

    ホルモンバランスを変えてしまうので禁忌です。でも、いろんなブレンドハーブティーには結構使用されているので注意です。

  • チェストベリー

     
     

    かなりホルモンバランスに影響を与えます。禁忌です。

  • ボリジ

     
     

    活力をアップさせる作用があるハーブティーブレンドに入っていることも。禁忌です。

  • アンジェリカ

     
     

    身体を温めるブレンドに入っていたりします。血行を促進しますが、ホルモンのバランスを変えることもあるので、禁忌です。

  • オレゴングレープ

     
     

    海外のメーカーのものには入っていることがあります。サプリメント系にも。妊娠&授乳中は禁忌です。

  • ブラックコホッシュ

     
     

    ホルモンバランスに影響を与えるとされています。禁忌です。

  • カリフォルニアポピー

     
     

    安眠を促すハーブティーに時々入っています。避けた方が無難でしょう。

  • エキナセア

     
     

    風邪予防などに効くとされるハーブです。使わない方が良いと言われています。

  • マザーワート

     
     

    ホルモンバランスを変える場合があります。精神的に少し不安定な時などに飲むのは大丈夫ですが、あえてマザーワートでなくてもいいかもしれません。

  •  
  •