しつこい水虫、どうすれば治せるか

一度直っても、また出てくるのが水虫です。その原因と完治治療法を探してみました。

view891

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水虫の原因はなに?

  • 水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。白癬菌は手やからだにも感染しますが、9割近くは足です。足に繁殖しやすいのは、靴を履くために足がむれ、菌にとって過ごしやすい高温多湿な環境を作るからです。最近は女性も仕事で一日中、靴を履いたまま過ごす人が増えたため、男性に限らず女性にも水虫に悩む人が多いようです。
    出典 :水虫の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 白癬菌とは

     

    白癬菌は、ヒトの髪や爪、角質、動物の毛や鱗などに含まれるケラチンというタンパク質を好んで栄養源とするカビです。土壌に宿るもの(土壌好性菌)、動物に宿るもの(動物好性菌)、ヒトに宿るもの(ヒト好性菌)があります。

  • 水虫に感染する仕組み

  • 水虫の感染経路で多いのが、不特定多数の人が出入りをする場所。たとえばゴルフ場やスポーツジムのお風呂場のマットなどがあげられます。しかし、意外と多いのが家庭内での感染です。家族の中に白癬菌の保菌者つまり水虫の患者がいる場合、患者の皮膚や爪から白癬菌が剥がれ落ち、バスマットやスリッパを介して家族全員に感染してしまうことさえあるのです。
    出典 :水虫ちゃんねる│水虫治療について:足水虫の感染経路
     

    素足になるときは特に注意が必要です。

  • 高温多湿を好む白癬菌

     

    白癬菌は、ほかのカビと同様、高温多湿を好みます。梅雨時から夏場にかけては、白癬菌の活動が活発になる季節です。靴や靴下を長時間履き続けると、皮膚が汗ばみ蒸れた状態になります。そのような皮膚は、白癬菌にとって格好の住み家です。
    白癬菌の感染力は、それほど強くはありません。空気感染や直接接触による感染はほとんどありませんが、バスルームの足ふきマットやスリッパなど湿った暖かい場所は要注意と言えます。

  • 水虫の種類と症状

  • 白癬菌が感染する部位によって、あらわれる皮膚症状は異なります。足にできる水虫には趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種のほか、爪に感染するものもあります。足以外にできるものもあります。
    ●足の水虫(足白癬)
    ・ 趾間型:足の指の間(特に中指と薬指の間)によく見られるものです。赤くジュクジュクになって皮がむけたり、白くふやけてぶよぶよになったりします。
    ・ 小水疱型:かゆみが強いのが特徴。足の裏の土踏まずあたりやふちに小さな水疱ができ、日がたつと赤くなって皮膚がむけてきます。
    ・ 角質増殖型:足の裏やかかとがカサカサと乾燥、角質が厚く硬くなり、皮膚がむけ、ひび割れを伴うのが特徴です。
    出典 :水虫の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 足以外にできる水虫

     

    ●爪の水虫(爪白癬):爪全体が白っぽくなり、表面に縦ジワができることもあります。
    ●手の水虫(手白癬):足の水虫と同じような症状です。
    ●いんきんたむし(頑癬):10代後半から20代の男性によくでき、多くは太ももの内側にできます。これも水虫の一種です。
    ●しらくも(頭部白癬):頭部に円形やだ円形の脱毛巣を作ります。子どもに多くみられるもので、犬・猫などのペットからの感染が増えています。

  • 水虫の治療法

  • 世の中には水虫治療に限らず、さまざまな民間療法があるようですが、水虫の治療法といえば、基本的には1つだけ、皮膚科などで診察を受けて、症状に合った治療薬を根気よく続けていくことです。
    出典 :水虫の治療法  水虫の症状と治療法
     

    経験者として、売薬よりも皮膚科の薬の方が治ります。また、安価です。

  • 水虫は再発しやすい

  • 白癬菌は自分にとって生育する環境として劣悪な条件になると「胞子」を出します。(カビですから・・)親である「水虫」そのものは薬などによって根絶が随分可能になりましたが、この「胞子」は相当な環境でも生き長らえます・・・・で、これが環境が整うと・・また「復活する」の繰り返しです。
    出典 :水虫の再発 | 病気のQ&A【OKWave】
  • 薬を使用して1カ月もすると症状がなくなる場合が多いようですが、これは白癬菌の活動が抑えられているに過ぎません。人間の皮膚は一定のサイクルで生まれ変わりますが、足の角質層は厚いので、入れ替わるのに最低でも3カ月は必要。中にはしつこい白癬菌もいるので、3カ月たって薬の使用をやめてしまうと、すぐに再発する場合もあります。完治させるためには、薬を半年から1年間は使い続けることをおすすめします。再発予防には、足を清潔にし、血行・通気性をよくすることも大切です。
    出典 :水虫 | どうしたら再発を防げるの? : 原因•対策 – セルフドクターネット