知っておこう「切迫早産の予防」生活で出来る事がある

切迫早産の予防をしっかりしよう。生活で出来る事からゆっくりと始めよう。

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 危険な事は避けて切迫早産の予防をしよう

  • 立ちっぱなしはダメ

     

    長時間立ち仕事や立って何かをするとお腹に力が入って子宮が収縮しやすくなってしまい早産だけではなく胎児にも良くありません。出来るだけ休憩を入れながら生活してみましょう

  • 重いものを持ち上げたりするとおなかに力が入ります。これは張りを助長させるので、できるだけ避けましょう。高いところにあるものをとろうとして背伸びをするのも、おなかに力が入るので×。だれかに頼んでとってもらって。また、上の子をだっこするのも、おなかに負担がかかるものです。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    抱っこをするなら座ったまま乗せてあげてね。

  • 体が冷えることで、直接的に早産や切迫早産を起こすことはありませんが、冬の寒い夜に台所に立ったり、クーラーが効いた部屋にずっといると、おなかが張りやすいという人も。そんな人や切迫早産と診断された人は、台所やトイレ、フローリングの床など足元が冷える場所では、靴下をはく、足にひざかけをかける
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    冷え対策をするようにしてみましょう。

  • 感染症予防

  • 感染症にかからないよう注意し、無理せず規則正しい生活を免疫力の低下が感染症を招き、子宮収縮につながることもあるので、疲れをためないように規則正しい生活をしましょう。「この程度なら大丈夫」と軽く考えて、検診時に切迫早産と診断されることも。子宮筋腫がある人は安定期に動き過ぎないように気をつけて。
    出典 :まだママのお腹にいてね!切迫早産の予防・対策方法 - ベビカムまとめ
  • やたらに内診をしない、性行は控えるかコンドームを使用する、頻回に腹部が張るようだったら診察を受けるなどがすすめられることです。しかし、これらの方法のすべてについてはっきりした根拠となるようなデータが揃っている訳ではありません。
    出典 :まだママのお腹にいてね!切迫早産の予防・対策方法 - ベビカムまとめ
  • 食事に気を使ってみて

  • 赤ちゃんはおっぱいから鉄分を摂取しているのですが、それが足りなくなるとも言われています。なので、今のうちに鉄分を多く含むゴマやひじき、とうもろこし、小松菜などの野菜から、鶏レバー、赤身の牛肉、また、「1日分の鉄分ヨーグルト」という商品も良いそうです。
    出典 :切迫早産の原因や兆候を知り、入院する前に安静な寝方や姿勢で治す! | 夫婦道
  • 冷え対策は万全に

  • 切迫早産を予防できたのはきっと冷え対策をしていたからだと思っています。一度安産のお灸をやりに行ったときに、夏は逆子でお灸に来る妊婦さんが急増すると言っていました。逆子も原因は冷えだと言われています。冬よりも冷え対策を怠ってしまう夏の方が危険なんですよね!
    出典 :切迫早産予防に冷え対策がいい?【マタニティー・出産・育児、ベビーグッズ通販店「天使の宝箱」】
     

    冷えは万病の基なのできをつけて

  • 朝から家でゴロゴロしているにも関わらず頻繁にお腹に張りがあった日がありました。その日は35度を越える日で、あまりの暑さに腹巻をしなかったんですよね。それでもマタニティー用のショーツやレギンスを履いていましたし、全く問題ないと思っていました。が、あまりにも張ってしんどいので試しにパンツタイプの腹巻を履いてみました。
    出典 :切迫早産予防に冷え対策がいい?【マタニティー・出産・育児、ベビーグッズ通販店「天使の宝箱」】
     

    こんなふとした時が一番危険なのでお忘れなく

  • 妊婦健診は健康の指針

  • 定期的に

     

    検診がありますよね。そんな時には相談するなり、色々な不安を解消するいい時間だともとらえる事が出来るのです。かかりつけの先生の妊婦健診をきちんと受診するようにしましょう。

  • 切迫早産や早産の予防のためには、日頃から無理のない妊娠生活を心がけることが最も大切です。そして、かかりつけの先生の妊婦健診をきちんと受診し、その指導には必ず従うようにしましょう。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会