グレープフルーツに含まれる!ナリンギンを知ろう

柑橘類に含まれているナリンギン
これもポリフェノールの一つですよ

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ナリンギンとはどのような物なのか

  • ナリンギンとは、グレープフルーツを初めとした柑橘類に含まれているポリフェノールの一種。果肉よりも果皮に多く含まれ、苦味成分を構成している物質である。
    出典 :ナリンギン | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    あのちょっと苦い感じがするのがナリンギンという事なのでしょうか

  • ナリンギンの歴史
    ナリンギンは1930年代に初めて研究論文が発表されている成分ですが、研究が盛んになり多くの論文が発表されるようになったのは1980年代頃からです。比較的新しい成分であることが知られています。
    出典 :ナリンギン | 成分情報 | わかさの秘密
     

    こんなに昔からあったのですね

  • 効果はどのようなものがあるのでしょうか

  • 抗酸化作用、抗腫瘍形成、コレステロール抑制作用などがあります。ナリンギンは一部の薬の効果を阻んだり強めたりする作用があるので注意が必要です。 グレープフルーツジュースで薬を飲んではいけないというのはこれが理由です。
    出典 :ナリンギン Naringin | 抗酸化物質 フラボノイド
     

    このような理由があるのですね

  • カフェインの効果の

     

    脂肪燃焼作用があるのですが
    このナリンギンが
    この脂肪燃焼作用を促進してくれる
    効果をもっているのです
    ぜひ一緒に摂りたいですよね

  • ナリンギンには、食欲抑制作用や脂肪分解を促進、抗酸化作用などがあるとされている。また、満腹感を得やすくする作用もあり、グレープフルーツダイエットなどでダイエット効果が期待されている。
    出典 :ナリンギン | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    ダイエット効果が期待されているなら、ぜひ摂取したい栄養素になると思います

  • 大体の目安

  • 摂取量はサプリメントで1日1、2回ほどで水と一緒に服用します。他の薬を服用している場合は薬の効果が利き過ぎてしまう可能性があるので摂取を控えたほうが良いでしょう。
    出典 :ナリンギンによる満腹感を得やすくする作用 | サプリメント大学
  • ダイエットに有効な作用を持っている反面、薬剤の作用を強めたり、打ち消したりもする。そのため、何らかの病気で薬を服用している人が柑橘類を摂取する際は、医師や薬剤師に相談してからの方が良い。
    出典 :ナリンギン | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    摂取には注意が必要な気がしますね

  • 副作用はあるのか

  • 結晶自体が針のような鋭い形をしているので摂取時に舌や唇がヒリヒリするのはこのためです。
    出典 :ナリンギンによる満腹感を得やすくする作用 | サプリメント大学
     

    ひりひりはこのナリンギンの影響なのでした

  • 高血圧の治療薬と一緒に摂ると、薬の効能を強くして血圧が下がり過ぎるほか、心拍数が早くなりすぎるといった副作用を引き起こす可能性があります。そのため、高血圧の治療薬を服用している場合、医師への相談が必要になるほか、そのほかの薬も飲み合わせが懸念されるため、事前に医師に相談することが望ましいです
    出典 :ナリンギン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 食べ物はなにがあるか

  • 柑橘類には多くふくまれていますが

     

    基本的には
    グレープフルーツや
    はっさくなんかに良く含まれていますよ