つわりが終わったプレママはご注意!妊娠中期の体重管理

辛いつわりを乗り切ったと思ったら、妊娠中期の体重管理に悩まされるプレママも多いのでは?妊娠中の体重管理は健康管理に繋がるようです。気になる妊娠中期の体重管理について、まとめてみました!

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 辛いつわりの後は、止まらない食欲!?

  • つわりが落ち着くと・・・

  • 妊娠初期には辛いつわりで苦しんでいたママも、安定期に入るとつわりも落ち着き、次は食欲に悩まされることも少なくないようです。しかし、妊娠中の体重増加はある程度は必要です。どのように管理していけばよいのでしょうか?

  • お腹の中では赤ちゃんが育ち、胎盤羊水や乳房、血液や水分に皮下脂肪などによって体重増加します。これらの増加に考えられるものを合計すると約8キロだと言われています。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
  • 個人差や妊娠前の肥満度によっても変わりますが、多すぎても少なすぎてもよくありません。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠中期の体重管理、妊娠中にはダイエットはもちろん御法度ですが、増えすぎるのも問題です。

  • 妊娠中は太りやすい

  • 皮下脂肪を溜めやすくなっています

  • 妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るために、ママの身体は太りやすくなっているようです。

  • 妊娠中はどうしても、赤ちゃんを守ろうと、皮下脂肪がつきやすくなっています。
    出典 :妊娠中の体重管理
  • 妊娠後期に太りやすいので、中期まではふとらないように気をつけましょう。
    出典 :妊娠中の体重管理
  • 妊娠を機に、ママの身体はお腹の赤ちゃんを守るため、どんどん変化しています。そのために必要な体重増加でもあるのですね。ただ、妊娠後期の方が太りやすくなるようなので、妊娠中期に太りすぎないようにすることが大切なようです。

  • 太りすぎると、何が問題?

  • 妊娠糖尿病や難産のリスクに繋がる!?

  • あまり体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や出産時に難産になったりなど危険が伴う可能性が!

  • 太りすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などにもなりやすくなります。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
  • 産道に脂肪がつくことにより、赤ちゃんが通過しにくくなり、分娩に時間がかかり難産になる事もあります。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
  • 子宮や、赤ちゃんが通ってくる道(軟産道)にお肉が付くと、陣痛がきても収縮が有効的に働かず微弱陣痛になったり、赤ちゃんが降りてこれなくなったりします。
    出典 :妊娠中の体重管理
  • 妊娠中だけでなく、出産にもリスクを伴う危険性のある、体重増加。しかし、体重が増えたことがストレスになるようでは、かえってママの身体に負担をかけてしまいます。一体どのくらいの増加が望ましいのでしょうか?

  • 体重そのものについては、何㎏増えたからダメというような数値に、あまりこだわる必要はありません。きちんとした食生活を送れているか、ということが大切です。
    出典 :体重コントロールがうまくいかない!?|赤ちゃん&子育てインフォ
  • 個人個人の体型に応じて体重を増やしていきましょう。BMIを目安にしてください。やせている人はもちろん、「普通」の人でも、10kgの体重増は必要です。100kgある肥満の人でも最低5kgは増加しなければなりません。
    出典 :妊娠中の貧食、体重管理|プレママタウン
  • 体重が増えないことも、赤ちゃんへの栄養面から問題となるようです。食生活に気を配りつつ、それぞれのママの体重に合った体重増加を目指したいですね。