「寝返り」の役割について

髪の毛縛って寝ている人は要注意!寝返りは必要なことです。
寝返りの役割についてまとめました★

  • S 更新日:2013/12/19

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「寝返り」に役割がある!?

  • 寝相の良し悪し関係なく、一晩で20~30回ほどの寝返りを打つと言われています。
    多過ぎても少な過ぎてもいけないのです。
    「寝返り」にも大切な役割があります。

  •  

    普段あまり意識しない寝返り。
    そこに理由があるとは思えませんが、きちんとあります。

  • ・背骨の歪みを改善

  • 寝返りを打つことで筋肉の緊張がほぐれ、背骨の歪みを正常にしてくれます。
    その日に生じた歪みを正しくするだけなので、ずっと猫背でいる人は、寝返りだけでは解決できないかもしれません。

  •  

    寝具選びも重要になってきます。

  • ・布団の中の温度や湿度を調整

  • 汗をかくと布団の中の温度と湿度が上昇します。
    同じ姿勢で寝ていると熱がこもり、暑さを調整するために寝返りをうつのです。

  • ・血流を良くする

  • 同じ体勢でいると血行を悪くします。
    酸素や栄養を運ぶためにも、寝返りは必要なのです。

  •  

    寝返りとは別に、寝違えたりしないようにしましょう。
    寝る前に首周りのストレッチなんかも良いですね。

  • ・睡眠リズムをとる

  • 寝返りには、睡眠リズムをとるための、スイッチのような働きがあります。
    これは、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替えていると考えられています。