納豆1日1パック!「ポリアミン」の超アンチエイジング効果♪

納豆に含まれる「ポリアミン」って知ってる?

納豆は大豆。
大豆が体に良いのは知ってますよね?
その納豆に含まれる栄養素でも「ポリアミン」の
老化防止効果がスゴイんだそうです!

そのポリアミンについてまとめてみました♪
あなたも今日から1日1パック、始めませんか?

view948

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 「ポリアミン」って・・・どんなもの?

  •  

    ポリアミンとは、細胞を持つ様々な生物に存在している成分で、納豆などの大豆発酵食品に多く含まれています。ポリアミンは、細胞分裂に伴う遺伝子のコピーなどを行う役目を担っており、細胞の生まれ変わりに必要不可欠な成分です。新陳代謝を高める効果や、老化を予防する効果などが期待されています。

    引用)http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/polyamine/

  • 細胞分裂時の遺伝子コピーに関係?それはとっても大切じゃないですか!

  • ポリアミンとは、アミノ酸から作られる物質で、ポリアミンが不足すると、細胞が分裂できなくなります。ポリアミンは細胞の生まれ変わりに重要です。ポリアミンには、細胞の情報をコピーする重要な働きがあります。ポリアミンの量が少ないと、新しい細胞の材料ができず、細胞周期がきているのに古い細胞が残ったままということがあるのです。
    出典 :ポリアミン・納豆菌
  • ポリアミンは加齢とともに減少する

    ポリアミンとは、一定の分子構造上の特徴を持つ直鎖脂肪族炭化水素の総称です。ポリアミンという一つの物質があるわけではありません。このポリアミン、多いか少ないかの違いはありますが、全ての生命体に含まれています。野菜にも、魚にも、お肉にも、人間の体にも。そうなんです、人間の体の中に元々ある物質なのです。ただ、乳児の体の中には多くあるのに、加齢とともに減少していきます。このことから、ポリアミンを補給すると、 赤ちゃんのような若々しい体になれるのではないかという発想が生まれます。

    出典 :納豆とポリアミン
     

    赤ちゃんのように若返る!?

  • アンチエイジング効果があるって、ホント!?

  • ポリアミンにアンチエイジング効果-動物実験で確認

     

    納豆の健康効果が,また1つ明らかになった。自治医科大学さいたま医療センター准教授の早田邦康氏は,納豆,チーズなどの発酵食品や大豆,シイタケ等に豊富に含まれる「ポリアミン」に,アンチエイジング効果があることを,マウスの実験で実証した。ポリアミン濃度の高い飼料を与えたマウスは,そうでないマウスに比べ,血中ポリアミン濃度が高まり,毛並みが良く,生存率が有意に上昇するという。「実験ではヒトの中年期に相当する50週齢のマウスを用いた。実験の結果,高ポリアミン飼料を食べたマウスは,毛並みが若々しく(写真1),死亡率が低下することを確認した」(早田氏)。

    引用)http://sangyo.jp/foodhealth/article/20080421.html

  • ヒトでは,納豆を食べ続けると,8週間ほどで血中ポリアミン濃度が上昇することが確認されている。早田氏は,「ヒトで血中ポリアミン濃度の上昇が確認されている食品は納豆だけである。納豆を食べ続けることで,中年期の健康状態を改善し死亡率を低下する,アンチエイジング効果が期待できる」と述べている。全国納豆協同組合連合会が主催した記者発表会で発表した。
    出典 :ポリアミンにアンチエイジング効果-動物実験で確認
     

    おお!納豆だけに効果が!これは食べねば・・・!

  • 納豆菌に含まれるポリアミンで若返り

    ポリアミンとは細胞分裂を促す役割を持つ物質のことです。そのポリアミンが不足すると新しい細胞ができなくなり、古い細胞が残ったままになってしまいます。その結果、お肌の老化が加速してしまうのですね。納豆菌の中にはポリアミンがたっぷりと含まれており、基礎代謝を高めてお肌を若返らせてくれます。その効果はコラーゲンやヒアルロン酸以上なんだとか。1日に納豆1パックを食べるだけで十分な効果が期待できるといいます。
    出典 :美肌の強い味方!?納豆の持つ驚きの美容効果 | お鼻の黒いぶつぶつをきれいにする方法とは?
     

    コラーゲンやヒアルロン酸よりも効果が上!?それはスゴイ!

  •  




     “食べ頃”ってあるの?

  • 動脈硬化を予防する効果

  • ポリアミンには、血管内の炎症を抑制し、動脈硬化を予防する効果があると考えられています。老化は肌だけではなく、体内の血管や骨、臓器などに現れやすく、特にこれらの老化は病気の発生を招く危険性が伴います。特に血管の老化ともいえる動脈硬化は、血管のしなやかさが無くなり、血管壁が固く分厚くなってしまう症状のことをいい、血栓ができると脳梗塞など命に関わる病気につながります。動脈硬化の原因のひとつである血管内の炎症は、酸化LDLコレステロールという物質などによって発生します。酸化LDLコレステロールは、悪玉(LDL)コレステロールが活性酸素[※4]などによって酸化された物質です。活性酸素はストレス、喫煙、紫外線などの様々な要因で発生する物質であり、常に人間の体内に存在しているため、年齢とともに増加し得る活性酸素によって、血管内の炎症は慢性的に起こります。血管内で炎症が慢性的に発生した場合、血管壁は徐々に固くなり、動脈硬化が進んでいくのです。ポリアミンには、血管の炎症を抑制する作用があるため、動脈硬化を予防する効果が期待されています。
    出典 :ポリアミン | 成分情報 | わかさの秘密