「食べ物アレルギー」があっても美味しいケーキは食べられる!

意外に多い「食べ物アレルギー」。おそばや小麦、卵など人によってさまざまです。食べ物アレルギーだからと言って、美味しいケーキが食べられないなんてことはありません!

view521

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べ物アレルギーってどんなもの?

  • せっかくエネルギー源を得るためにとる食べ物も、意外な落とし穴=食べ物アレルギーとなることもあります。

    特に、お子さんには注意したいですね。

  •  

    意外な食べ物に反応することも。

  • 食物を食べる事によって、本来の無毒のはずの食物が体の免疫を高めたりする事で、様々なアレルギーの症状が出る病気です。
    アレルギーの症状は、皮膚、呼吸器、目や鼻、消化管などにも見られます。
    出典 :食物アレルギーの原因と症状の基礎知識 [アレルギー] All About
     

    ひどい場合は、救急車で搬送、入院と言ったことにも。

  • 食べ物アレルギーの症状ってどんなもの?

  •  

    一瞬他の原因かと思いそうですね。

  • 皮膚:じんましん、赤い発疹である紅斑、全体に赤くなる紅潮など
    呼吸器:咳、ゼイゼイ・ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)など
    目や鼻:目のかゆみ、充血、目やに、目の周りの腫れ、鼻水、鼻づまり、くしゃみなど
    消化管:口の違和感、口唇の腫れ、腹痛、下痢、嘔吐など
    ショック:血圧が下がって意識が薄れる、脈拍は触れにくく、速くなる
    神経:頭痛
    腎臓:血尿、蛋白尿
    出典 :食物アレルギーの原因と症状の基礎知識 [アレルギー] All About
     

    ただの風邪か、花粉などのせいかと思っていたら・・・

  • 食べ物アレルギーの原因となる物質って?

  • 年齢によって原因となることが多い食材が異なります。平成10~11年度厚生省食物アレルギー全国調査から見ますと、

    ■第1位
    0~6歳まで  卵
    7~19歳まで ソバ
    20歳以上   魚

    ■第2位
    0~6歳まで  乳製品
    7歳以上    エビ

    ■第3位
    0~19歳まで 小麦
    20歳以上   ソバ

    でした。年齢が小さいと卵、乳製品が多く、大人になってくると、ソバや魚、エビが多くなってきます。
    出典 :食物アレルギーの原因と症状の基礎知識 [アレルギー] All About
     

    年齢とともに、原因物質の多数が変わるのですね。

  •  

    卵や小麦、乳などがアレルギーの最大原因。

  • 現在、食品衛生法では、卵、乳、小麦、ソバ、ピーナッツ、エビ、カニの7項目が食品に表示しないといけません。あわび、イカ、イクラ、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、ヤマイモ、りんご、バナナ、ゼラチンをできれば、表示した方がよいとされています。

    食品を買うときには、内容を確認しましょう。
    出典 :食物アレルギーの原因と症状の基礎知識 [アレルギー] All About
     

    アレルギー物質の表示は義務。

  • 食べ物アレルギーでも食べられるケーキを販売するところが増加!

  •  

    せっかくのケーキで、アレルギーが出てはかないません。

  • 市販のケーキ等のデザートには6大アレルギー成分と呼ばれる、『卵』『乳製品』 『小麦』 『米』 『そば』 『落花生』のうちに該当する素材が沢山使われており、食物アレルギーの方は誕生日などのお祝いの時に、ケーキを食べたくても食べれない
    方が沢山いらっしゃいますよね。でもそんな人に朗報です!