片づけられないのはADHDのせい?それとも性格?

最近、片づけられない人の原因としてADHDが取り上げられる事がありますが、果たして自分はどうでしょうか。単なる片づけられない性格であったり、片づけ方を知らないだけの人とADHDの人の違いをまとめました。

view802

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • AD/HDは、英語でAttention Deficit / Hyperactivity Disorderといい、日本語では注意欠陥※/多動性障害と訳されています。ここ数年、マスコミなどでも取り上げられています。(※注意欠如・多動性障害ともいいます。)


    一般的には、「落ち着きがなく、授業中に動きまわる子ども」などと理解されていますが、本来、子どもは元気に動きまわるものです。「うちの子どもは大丈夫かしら?」と不安を感じるご家族も少なくないでしょう。


    また、AD/HDは、子どもがなるものと思われがちですが、大人のAD/HDも少なくありません。大人のAD/HDは、子どもの頃からの症状が残るケースと、大人になって初めてAD/HDと気づくケースとがあります。
    出典 :AD/HD(注意欠陥/多動性障害)を詳しく知りたい方へ | AD/HDナビ
     

    片づけられない大人になってから受診することで、判明することもあるそうです。

  • ADHDは、病気ではありません。
    ADHDは、脳の障害です。障害という言葉が聞こえが悪いのであれば、そういう特徴を持った脳である、と言い換えても良いかと思います。
    ですから、ADHDは、治るものではありませんし、治すものではありません。
    大切なのは、そんな自分を受け入れて、その障害と上手に付き合っていくことです。
    それが肝心です。
    出典 :ADHD(注意欠陥多動障害)
     

    周囲の理解が必要となります。

  • 大人のADHD=片付けられない人?

     

    単なる片付け下手ではなく、
    「ADHD(注意欠陥多動障害)」
    という脳の障がいを抱えた人がいる可能性があるのです。

    ADHDというと、集中力を欠き、授業中も騒ぎ続けるといった傾向を持つ子供のもの、というイメージがありますが、実際は外からわかる「多動」がなく、かつ、ものごとに一定の注意を持ち続けることが困難な障がいを持つ大人も存在します。

  • ADHDの特質を持つ人は、知能は標準またはそれ以上の場合が多いのですが、何らかの理由で脳内の神経伝達物質がうまく分泌されないことなどが原因で、精神的に混乱した状態に陥りやすいといわれます。そのため、

    ・ものごとに優先順位をつけるのが苦手
    ・整理整頓が苦手
    ・忘れ物・失くしものをしやすい
    ・締め切りや時間に遅れやすい

    といった問題が起きやすいのです。
    これらは皆、お片付けを困難にする大きなマイナス要因ですので、ADHDの特質を持つ人に、お片付けが苦手な人が多いのも無理のないことと言えるでしょう(ADHDの特質を持つ人すべてが片付け下手なわけではなく、中には整理整頓がたいへん上手な人もいます)。
    出典 :もしかして私、「片付けられない人」? [シンプルライフ] All About
     

    ADHDの特質がゆえに片づけられないという人が存在します。

  • ADHDは、その症状の程度にもよりますが、投薬によって軽減する場合もありますので、明らかに日常生活に困難をきたすほどお困りの方は、(ADHDに理解のある)専門医の診断を仰ぐことをおすすめします(自己診断は禁物です)。
    また、自助グループなどによる、お片付けや忘れ物・失くし物対策など、生活上の困難を克服するさまざまなアイディアがインターネット上で交換されていますので、それらを利用することは、必ず役に立つでしょう。
    出典 :3/3 もしかして私、「片付けられない人」? [シンプルライフ] All About
     

    気になる方は、まず専門医による診察を受けてみましょう。

  • 片付けられないことで苦しんでいるのは本人だけではないことも事実です。
    一緒に暮らしている人も苦しんでいることがほとんどです。

    家の中は散らかり放題、床はベタベタ、埃も積もっている。
    お風呂は赤と黒カビびっしり。
    トイレの便座カバーは洗わず、便器も汚れている。
    キッチンの流しは食器・鍋の山積。
    服は収納にしまわず、山の様に積んだ状態から探して着ている。


    成人ADHDの人は、注意散漫であるため、物の置き場所を間違えたり、忘れて失くしたりすることが多く、身の回りの整理整頓や片づけ、掃除が出来ない。
    また、物を捨てられない人が多い。

  • ADHD/ADDの人は片付ける意志はありますし、実際に片付けようともします。

    片付けの最中に興味が他のものに移りやすいので、色々と手を付け、結果として全然片付かない、もしくは余計に部屋が散らかるというケースに陥ります。

    普通、片付けをする際には、誰もが必要な物・捨てる物に分けると思います。

    分けているうちに写真が出てきたりすると、片付けの集中力は写真管理の集中力に移ってしまいます。
    ・ アルバムを買いに行ったり、昔を懐かしんで友人に電話してみたり・・・

    ・ 片付け最中にテレビ番組に気を取られてしまい、気付いたらずっとテレビを見ていたり・・・

    そうこうしている間に時間が過ぎて行き、意を決して片付けようと思ったのに全然片付いていない現実に滅入ってしまうのです。
    出典 :片付けられない 脳の障害(ADHD/ADD) : mental
     

    ADHDの人の場合は、片づけようという気持ちはあるものの、空回りしている状態です。

  • 「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本―ADHDタイプの「部屋」「時間」「仕事」整理術

     

    気づくと汚部屋、なぜか遅刻、うっかり忘れもの、仕事を先延ばし、家事が終わらない…そんなあなたのぐちゃぐちゃライフが“すっきりライフ”に変わるヒント。

  • 片づけられない女たち

     

    自分の部屋を片づけることができず、ゴミの中に埋もれるようにして暮らす女性について、多くのマスコミは半ばおもしろがって取り上げる。本書はその原因が本人のだらしない性格にあるのではなく、神経系の障害である可能性を唱え、全米でベストセラーとなった。
    この神経系の障害は、ADD(注意欠陥障害)と呼ばれる。幼いころから兆候が現れていても、見落とされることが多く、大人になるまで本人が気づかないことも少なくないという。さらに、散らかす、なくす、忘れるといった特有の症状は、社会が女性に期待する女性像とのギャップが大きく、「片づけられない女」というレッテルを貼ることで、解決されてしまいがちだ。カウンセラーであり、自らADDである著者は、本書でADD女性が直面する困難に触れながら、ADDを持ちながら充実した人生を送るための意識改革の必要性を説き、同じ悩みを持つ女性たちにエールを送っている。

  • 最近、「ADHD/ADDの人」イコール「部屋を片づけられない女性」「“ゴミ屋敷”の住人」などという誤解が広まっています。しかし、「片づけられないこと」はADHD/ADDの本当の問題ではありません。ADHD/ADDの症状は、その人の仕事・学業・家庭生活全般にわたって深刻な影響をもたらすこともあるのです。
    出典 :http://www.adhd-yoake.sakura.ne.jp/adhd/adhd1.html
     

    片づけられない人がすべてADHDという訳ではありません。

  • 「片付けられない女たち」がベストセラーになって、誤解されがちなんですよね。どうしても、整理整頓がADHDかどうかを見分ける症状になってしまっている。

    ADHDと診断できなくても片付けられない人がいますし、整理整頓はできてキレイ好き、っていうADHDの人もいます。

    そう、こだわりが強いタイプのADHDの人は、ものすごーくキレイ好きなんです。
    出典 :きょうクリいんちょうブログ : 片付けられない=ADHD?
     

    きれい好きなADHDだっているんです。

  • ADHDの人が整理整頓できないのは、気合いの問題よりも「自分にあった正しい方法」を会得出来なかったためによる、と言うところが大きいのだとあらためて思います。

    なぜこうなるのか。

    ①ADHDには遺伝負因が大きくて、親もADHD傾向を持つこと
    ②正しい整理整頓方法の伝授よりもどうしても「気合い論」「根性論」で感情的に指導されることが大きい
    出典 :きょうクリいんちょうブログ : ADHDの人が整理整頓出来ない理由。
     

    ADHDの人の場合、特性をとらえた正しい方法で「片づけられない」を克服することができます。

  • 「片付けられない人」には、いくつかのタイプがあります。

     ひとつめは、捨てるのに忍びない物をたくさん持っている人の場合、出番がないと解っているものまで捨てられないでいる。つまり「片付け上手の片付け下手」。すでに整理整頓してあるのだけれど、すべからく未練が断ち切れない性格なのです。

     だから捨てていいものをいつまでも持っている。こういう人は物以外にも断ち切れないものも多くて、友達思いだったり、毎日が多忙だったりします。

     ふたつめは、単なる整理整頓下手という人がいます。散らかっているけれど不衛生ではありません。

     そこにある物をどう並べていいか決断できなかったり、自分の手が届く範囲や見えるところに必要なものを常に並べて置きたいという人です。これも片付け下手と言えるでしょう。

     三つめのタイプが、ストレスを抱えていることによって起きる「片付けられない病」です。

     何かすごく我慢しているものを抱えていて、口に出して訴えることを押さえつけているか、出来ないでいる。そのストレスを散らかすという行為で発散している状態が観察されます。

     

    絶対出番がないとわかっている帽子を、片付けられない私がかぶってしまったところ 片付けないという行為が継続していくうちに、本当に片付けられない人間になっていくという症状です。

  • ホーダー 捨てられない・片づけられない病

     

    「捨てられない」は病気かもしれない?
    整理整頓が苦手な人と、ホーダーの境界線はどこにあるのか。


    ニュースでも度々話題になるゴミ屋敷。病的なまでにモノを溜めこむ「ホーディング」行為はなぜ止められないのか。生活の破綻や社会問題を引き起こし、誰の心にも多少はある「捨てられない」執着が、病的なレベルに至るのはなぜなのか、解決策はあるのか? 具体的な例をあげ、原因と対処法をさぐる。
    著者は10年以上にわたりホーディングを専門に研究してきた、数少ない専門家。