どうしたら良い!?「子供のわがまま」!理由を知ろう

子供のわがままに苦労している人は多いと思いますが、なぜそんな事を言うのでしょうか。

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供のわがままは

  • 結論から先にいうと、子どもがわがままを言うことはありません。子どものわがままは、大人が勝手にわがままと捉えているだけなんですね。
    出典 :子どもがわがままを言う理由とは? | 発達障がい子育て支援ブログ「沖縄発達障がい相談支援センター」
     

    何故このような事が言えるのでしょうか

  • 子どもの要求 ⇒ 親の対応 ⇒ 子どもが確認をする。 「僕がおもちゃを買いたいと言ったらお母さんがこういった」など、要求と確認という経験をすることで、子どもが成長していく過程で大切なことを学習していくわけです。
    出典 :子どもがわがままを言う理由とは? | 発達障がい子育て支援ブログ「沖縄発達障がい相談支援センター」
     

    成長の過程で起きるもののようです

  • 買い物へ言ったときに、「これが欲しい」「このお菓子かって~」など、子どもは自分の欲しいもの・したいことを大人に要求します。そして、その要求に対して大人がどう対応するのかを子どもは確認しているのです。この要求と確認をする子どもの行為を、大人は “わがまま”と捉えているんですね。
    出典 :子どもがわがままを言う理由とは? | 発達障がい子育て支援ブログ「沖縄発達障がい相談支援センター」
     

    これがわがままの根本にあるものなのですね

  • 子供のわがままが悪化しやすい態度は

  • 子どもがお菓子やおもちゃ売り場で大騒ぎしたとき、出かける前は「おもちゃ買わないからね」と約束していたのに、それを撤回して「じゃあ、ひとつだけ買ってあげるから泣き止みなさい」などとやっていませんか?このとき子どもは、“大騒ぎして泣けば親は買ってくれる”としっかり学習してしまいます。
    出典 :やりがちだけど実は「子どものわがままが悪化しやすい」親の態度 - It Mama
     

    こうなると毎回大暴れしてしまい、悪化させてしまう結果になります

  • 「早く片付けなさい」と言ったあとに結局、親が片付けることはないですか?例えば、バスの発車時刻が迫っているのに、部屋におもちゃが散乱しているとき。子どもに「まだ遊んでいたい!」と駄々をこねられたら、前言撤回しがちですよね。しかしこんなとき、子どもに痛い思いをさせなくてはいけません。
    出典 :やりがちだけど実は「子どものわがままが悪化しやすい」親の態度 - It Mama
     

    荒療治をしてみるのも良いかも!?

  • 「もう出かける時刻過ぎそうだからお母さんは先に行っているね」とドアから出る振りをしましょう。子ども一人では、バス停まで行けません。だから、大慌てで片付けて飛び出してきます。他には、バスに乗り遅れて幼稚園を休む、というような荒療治をしてみてください。要するに、親が約束をひるがえさないことが大事なのです。
    出典 :やりがちだけど実は「子どものわがままが悪化しやすい」親の態度 - It Mama
     

    言った事は曲がらない意志の強さを持ちましょう

  • わがままというものは

     

    どうしても頭を悩ませてしまう事になりますよね。悪化させているのが親自身かもしれないのもありますが、一度子供が覚えると味をしめる行動だってあるので、対応には慎重になりたいですね

  • ここは覚えておこう

  • 「わがままに育てる」「わがままに育てられる」という文章から分かることは、その行動の主体は、子供ではなく、その親だということです。「○○さんは、わがままに育ったから×××」「○○さんは、わがままに育てられたから×××」という文脈で、○○さんを責めるのは筋違いだということは理解しておいてください。
    出典 :「わがまま」にまつわる勘違い | 子育てと解釈
     

    ここは忘れないようにしておきたいですね

  • 怒っているように見えても

  • ダダこねをする子は、ママのちょっとした要求や、ちょっとした手違いにも、文句を付けてきます。「空が青いのも、ポストが赤いのも、みんなママのせい!」とばかりに、怒っても仕方がないようなことでも、腹を立て、ママのせいだとからんできたりします。でも、この怒りの実体は、自分自身に対するイライラ。
    出典 :�u�_�_���ˁv�i�킪�܂܁E���������̈����j�Ƃ̕t��������
     

    自分自身に対するイライラが出ているのですね

  • 「ママのせいだ!」と言い張ったりしますが、怒りが自分に向けられ自分がつぶれてしまうという事態を避けるために、ママに付き合ってもらいたいだけの話です。ママに受け止めてもらったり、たしなめたり、しかられたりしているうちに、だんだん自分の中にある怒りや不安との付き合い方もうまくなっていくのです。
    出典 :�u�_�_���ˁv�i�킪�܂܁E���������̈����j�Ƃ̕t��������
     

    子供は少しずつ成長していくものなのですよ

  • わがままを我慢した時くらい

     

    ちょっと褒めてあげるのも良いですね。モチベーションがあがって良い方向にいく事もあります。叱る&褒めるはメリハリをつけておこなうのが大切なのです