骨肉腫はガン!?「骨肉腫が転移」転移する事ってあるの?

骨肉腫が転移する事はあるのでしょうか?ガンと言われているものですが、どのような場合に転移する?

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨肉腫とは

  • 骨に生じる悪性の腫瘍を悪性骨腫瘍といい、これは大きく2種類に分けられます。一方は骨自体から発生した原発性(げんぱつせい)悪性骨腫瘍、もう一方は体のほかの部分に生じた悪性腫瘍が骨に転移した続発性(ぞくはつせい)悪性骨腫瘍(転移性骨腫瘍)です。
    出典 :悪性骨腫瘍:[がん情報サービス]
  • 骨肉腫は

     

    日本の人口100万人に対して約2人といわれていますが、ここで問題になるのが、若い人に多いという事です。また、女性に比べて男性の比率がとても多く、発生部位に関しては60%が膝という確率が出ているのです。

  • 骨肉腫が転移

  • (1)再発 治療した部位に同種の腫瘍が出来る事(2)転移 元の場所にあった腫瘍とは別に、違う臓器などに腫瘍が出来る(移る)事
    出典 :骨肉腫
  • 部位では、とくに膝関節や肩関節に近いところから発生します。まれに、全身の骨に発生した多発例も報告されています。放置すると腫瘍の増大に伴って、腫瘍細胞が主に肺に到達して腫瘤(しゅりゅう)を作ります。このように離れた臓器などに悪性の腫瘍細胞が移ってしまうことを転移と呼び、肺に転移したものを肺転移と呼びます。
    出典 :骨肉腫 - goo ヘルスケア
  • 種類によって転移が関係する!?

  • 発生部位は大腿骨や上腕骨などの四肢近位部や骨盤、肋骨などの体幹(たいかん:胴体)の骨によく発生します。骨肉腫ほどは転移を起こさず、ゆっくり大きくなることが多く、手術が治療の主体となります。
    出典 :悪性骨腫瘍:[がん情報サービス]
     

    こちらは軟骨肉腫ですが、転移は起きにくいようです。

  • 原発性悪性骨腫瘍の中では3番目に多く、10歳前から20歳代に多くみられます。手足の根元近くの骨や骨盤、肋骨(ろっこつ)など体幹の骨に発生することが多く、発熱など全身の症状を伴うこともあります。悪性度が高く急速に進行しますが、化学療法や放射線療法の効果は高く、これらと手術を組み合わせて治療します。
    出典 :悪性骨腫瘍:[がん情報サービス]
     

    骨に行くと転移しやすいのです

  • 続発性悪性骨腫瘍とは、内臓の“がん”やほかの部位の“肉腫”など、体のほかの部分に生じた悪性腫瘍が骨に転移したものをいいます。原発性悪性骨腫瘍が非常にまれな病気であるのに比べて、続発性悪性骨腫瘍は多くの進行した“がん”や“肉腫”で生じるため、頻度が非常に高い疾患です。
    出典 :悪性骨腫瘍:[がん情報サービス]
     

    結果このような事になってしまうのです。

  • 基本的には

  • どのような悪性腫瘍も骨に転移する可能性はありますが、中でも乳がん、前立腺がん、肺がん、腎がん、甲状腺がんなどは高い頻度で骨に転移します。
    出典 :悪性骨腫瘍:[がん情報サービス]
  • 予後として

  • 現在のところ、5年生存率は画像診断の発達、手術手技の発達、neoadjuvant chemotherapyのおかげで60~70%と向上している。一方で転移症例や再発しやすい脊椎、骨盤発生例は予後不良であり、化学療法も無効なことが多い。
    出典 :骨肉腫 | がんプロ.com
  • 基本的な事ですが

     

    骨肉腫の患者の死亡原因としては、骨肉腫が肺に転移したことによるものがほとんどで、肺への転移をいかにして防ぐかが、治療後の重要なポイントとなります。