足の指の腫れはしもやけ!しもやけになりやすいのはどんな人?

足の指の腫れはしもやけが原因であることも少なくありません。
昔に比べるとしもやけになる人は減少しましたが、今でもしもやけに苦しむ人はたくさんいるのです。
では、このしもやけはどんな人がなりやすいのでしょうか?

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足の指の腫れはしもやけが原因!

  •  

    足の指の腫れはしもやけが原因となっていることもあります。
    しもやけになるのは、主に秋の終わりごろから春の初めころまでです。
    特に昼と夜の寒暖差が激しい時期は注意が必要です。
    また、しもやけには湿度も関係しています。
    足の指は蒸れやすい部位なのでしもやけになりやすいと言えるでしょう。
    しもやけの症状としては、腫れやかゆみ、痛みが挙げられます。
    酷い場合には、痛くて靴が履けなかったり夜も眠れなくなってしまいます。
    では、このしもやけとは具体的にどんな状況なのでしょうか?

  • しもやけの原因ですが、簡単にいうと「低温による血行障害」です。
    出典 :しもやけの原因とは?どんな症状になるの? | Marthaのトレンド.Com
     

    しもやけは、冷えによって血流が悪くなった場合に起こります。
    しもやけが起こりやすい部位には、足の指だけでなく手の指も挙げられます。
    このように体の末端はどうしても血行不良になりやすいのです。
    そのため、多くの人が足や手の指のしもやけに悩まされています。
    また、しもやけになりやすい部位として鼻や頬、耳も挙げられます。
    これらの部位は寒い中でも露出することが多いため、しもやけになりやすいようです。

  • しもやけになりやすい人

  •  

    しもやけになりやすい人は、冷え性の人です。
    冷え性の人はもともと血行が悪いため、気温差によってしもやけになりやすくなってしまいます。
    また、水を触ることが多い人もしもやけになりやすいと言えるでしょう。
    特に主婦はしもやけに注意したいですね。
    また、つま先の尖った靴やハイヒールもしもやけの原因となります。
    このようなことから、男性よりも女性の方がしもやけになりやすいと言われています。
    また、大人よりも子供の方がしもやけになりやすいようです。
    これは、子供のうちは免疫機能がまだ未熟だからです。

  • •身内にしもやけ経験者がいる人(遺伝)
    •汗かき体質の人(手足に汗をかき体温を奪われる)
    出典 :しもやけの原因とは?どんな症状になるの? | Marthaのトレンド.Com
     

    しもやけは遺伝や体質も関係しているようです。
    家族や親族の中にしもやけになりやすい人がいる場合、しもやけの対策をした方が良いでしょう。
    また、汗かき体質の人は通気性の良いものを身に付けることが効果的です。
    足はもともと大量の汗をかく部位です。
    汗かき体質の人は、尚更汗をかく量が多いでしょう。
    寒いからといって通気性の悪い靴下を履いていると足が蒸れてしもやけになりやすくなってしまいます。
    そのため、しもやけ対策として温めることは有効ですが、通気性のことも配慮したいですね。

  • しもやけの症状を軽減するためには?

  • 1.40度くらいのお湯と5度くらいの水を用意
    2.しもやけの部分を交互に浸すのをくり返えす
    出典 :しもやけになる原因って何?適切な治し方と予防法で対策しよう!
     

    しもやけの対処法として多くの人が行っているのがこの方法です。
    足を温めたり冷やしたりすることで、血行が良くなります。
    血行が良くなれば、しもやけの症状も軽くなるはずです。
    この対処法には2つのポイントがあります。
    まず1つ目のポイントは、足を付ける際に最初と最後はお湯にすることです。
    また、水に付けている時間よりもお湯に付けている時間を長くすることも重要なポイントです。

  •  

    お風呂に入って足先を温めることも効果的です。
    基礎代謝が上がれば血行も改善され、自然としもやけの症状も改善されます。
    また、血行を良くするためにはお風呂で足の指のマッサージを行いましょう。
    これを毎日続けることで、しもやけせずに冬を乗り越えられるはずです。

  • このように、足の指の腫れはしもやけが原因となっています。
    基本的に、しもやけは温めることが効果的な対処法なのです。
    そのため、足の指の場合は靴下を利用しましょう。
    ただし、あまりにも締め付けがきつい靴下は血行不良の原因となるため注意しましょう。
    また、寝ている間に靴下を履くことはあまりおすすめできません。
    寝ている間は足の裏からたくさんの汗が分泌されます。
    通気性が悪い靴下を履いていると蒸れの原因となってしまうのです。
    しもやけになりやすい人は、このような対処法でしもやけ予防を行いましょう。