間違えないで「角質培養のクレンジング」は注意点がある

角質培養のクレンジングには注意点があるのです。しっかりと知識をつけましょう。

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • トラブル知らずの肌に改善しよう

  • チリも積もれば山になるように普段のメイクとクレンジングや洗顔による肌への負担は、許容量を超えたときにある日突然、肌トラブルとしてでてきてしまいます。 そのためたまには負担をかけてしまっている肌を休ませてあげるというのもスキンケアには大事なことです。これがいわゆる肌断食の根底にある考え方。
    出典 :肌断食と角質培養【※裏ワザ】|洗顔&クレンジング【正攻法&裏ワザ】
  • 角質培養も時間と手間をかけたそのお手入れこそが角質を痛めつけ、肌バリアを破壊して乾燥や毛穴といったトラブルの原因になるというのが発端になったスキンケアです。 肌をできるだけ触らない、刺激を与えないことで角質層(=肌のバリア機能)を守り、育てる点が特徴です。
    出典 :肌断食と角質培養【※裏ワザ】|洗顔&クレンジング【正攻法&裏ワザ】
     

    育てる点が特徴というわけですよね。

  • クレンジングは

     

    角質培養を行うにあたってとても重要なものになってくると考えましょう。しっかりと行う事で変わる事も沢山あるのです。毛穴の悩みや乾燥肌を克服し、しっかりとした美肌を手に入れる為にも知識をつけていきましょう。

  • こんなクレンジングはダメ

  • ■ 拭くだけ○ットンタイプ 刺激最強です。ほんと止めて。コットンのがさがさ面が、角質をはがします。拭くだけで濃いメイクがするっと落ちるように、大量の強い界面活性剤が入っています。ウォータープルーフのマスカラがするっと落ちるパワーは、ほっぺたには強過ぎ、大変強過ぎです。
    出典 :クレンジングアイテム 角質培養のすべて
  • 油分を落とすための界面活性剤も大量に含まれています。それでマッサージって、チャーミー○リーンで鼻をマッサージしてるようなもの(古い)角質間脂質を溶かし、角質をはがし、感想&敏感肌一直線です。それを10年も続けていれば、そりゃ、肌が汚くなりますよね。。。
    出典 :クレンジングアイテム 角質培養のすべて
  • ■ 塗れた手でも使える、2度洗いがいらないタイプ フォームでも、オイルでも、ジェルでもなのですが、このタイプも危険。塗れた手でも落ちるように、2度洗いがいらないほどすっきりと落ちるように、さらに強く大量の界面活性剤を投入しているからです。便利さと引き替えに、肌を痛めつけていることに気づいてください。
    出典 :クレンジングアイテム 角質培養のすべて
  • 角質培養のクレンジング

  • クレンジングを行う時に、節約のためにクレンジング剤を少なくして無理に伸ばすということは厳禁です。たっぷりとクレンジング剤を使って、お顔の肌と手の平の間でクッションとしての役割を担わせてください。指が直接肌に触れないように、クレンジング剤を滑らせるように行うことが一番肌へのダメージが少ない方法です。
    出典 :角質培養中のクレンジング方法
     

    必ず使うなら適量を守るようにしましょう。

  • アイメイクなどのしっかりとしたメイクはお顔全体をクレンジングする前に落としましょう。ウォータープルーフのアイラインやマスカラは驚くほど落ちにくいものがあります。多めのクレンジング剤を指先に乗せて円を描くように集中的に目元を先にクレンジングするのがベストです。
    出典 :角質培養中のクレンジング方法
  • ポイントメイクを落とすための少し強い洗浄力のあるクレンジング剤で頬や額などを洗うのはNGです。少し面倒かもしれませんが、場所によってクレンジング剤を変えることをオススメします。
    出典 :角質培養中のクレンジング方法
  • Q&A

  • 角質培養は

     

    知らない人が多いのでQ&Aも多くあります。基本的にはこすらず保湿を常に心がける事で良いのですが、他にも色々質問があったので答えだけ抜粋しますね。

  • A.乾燥も角質を剥がす犯人です。肌断食とは違うので、保湿はしっかりして下さい
    出典 :【角質培養】美肌をとりもどせ! - シミ・しわにさよならを!
  • A.一般的には化粧水で肌に十分な水分を与え、蒸発を防ぐために乳液等で蓋をするまでをいいます。
    出典 :【角質培養】美肌をとりもどせ! - シミ・しわにさよならを!
  • 肌状態や年齢などで違ってきます。1週間で効果が現れる人もいれば、1年以上掛かる人も。  大体は数ヶ月で効果を感じる人が多いようです。とりあえずは2ヶ月を目標に頑張ってみてください。
    出典 :【角質培養】美肌をとりもどせ! - シミ・しわにさよならを!