糖尿病と足の意外な関係【フットケアをする事】

血糖が高い状態が続くと
色々な不具合が出るのが糖尿病
もちろん足にも影響が出ます

view375

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血糖値が高い状態が続くと

  • 神経障害が進み【足の感覚】が鈍くなります
    動脈硬化で足の端まで血液が流れにくくなります
    細菌や水虫などの感染の抵抗力が落ちます

  •  

    目に触れにくいので治療が遅くなります
    しかし、足の手入れは糖尿病の人にとって
    とても大事な事になるのです

  • 足の手入れを怠ると

  • 血流が悪くなると
    壊疽します
    要するに腐ってしまう状態になり
    切断といった事になる可能性があるのです

  • タコ・ウオノメ・イボ

     

    靴があってなかったり
    歩き方に癖があるとできやすいです

  • 水虫

     

    水虫が進行しやすくなるのですが
    たかが水虫で放っておくと
    壊疽に繋がります

  • 潰瘍

     

    タコ・ウオノメはひどくなると
    穴が開き潰瘍になります

  • 足や足の指の変形

     

    神経障害があると足の指が屈曲し
    ハンマーのような形になる事があります

  • 予防のポイント

  • ①毎日あしを 観察しましょう
    ②足を清潔に保ちましょう
    ③爪は正しく切りましょう

    大切です

  • 日常の注意点

  • 自分に合った靴を履く
    やけどに注意する
    怪我に注意する
    靴下をはく
    禁煙する

    これらは注意してくださいね

  •  

    安静時や睡眠中によく足がつる
    足に虫がはったような感じがする
    足がしびれる
    ゆびがほてったり冷たく感じたりする

    自覚があれば医師に相談してください

  • 皮膚科や外科に診てもらいましょう

    足はとても大事ですよ
    糖尿病になったらフットケアをしっかり行っておきましょうね